ブラウザからも使える!子ども向けプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を実際にやってみた

記事「ブラウザからも使える!子ども向けプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を実際にやってみた」のアイキャッチ画像

最近、プログラミングの義務教育化の話題などもあって子ども向けプログラミングが注目を集めています。そんな子ども向けのプログラミング言語として、MITメディアラボの開発したScratch(スクラッチ)が有名です。

Scratchはビジュアルプログラミング言語と呼ばれるものの一つで視覚的にプログラミングを学べるということで人気を集めています。

 
そこで今回はScratchを実際に使ってみた体験レポートをお届けします。

 

Scratchを使ってみる

まずはScratchのサイトへアクセスします。

Scratch

この画面を見てわかるように、日本語に対応してます。Scratchは英語圏生まれながら、サイトや開発環境の多くが日本語にも対応しており、日本人には親しみやすくなっています。これならお子さんにも安心ですね。

それでは早速、左上のネコのボタン「やってみる」をクリックして使ってみましょう!

 

Scratchの開発環境

「やってみる」をクリックするとこのような開発環境が表示されます。

開発環境

以前はインストールが必要でしたが、2013年5月にリリースされたバージョン2.0からウェブアプリケーションとなっており、ダウンロードや個別ソフトのインストールなどといった作業は必要ありません

画面にいるネコはデフォルトで初期配置されているスプライトであり、このスプライトの中にスクリプトとして「ブロックを積んでいく」ことで、実際に動作するプログラムを作っていくのが Scratchの開発スタイルです。

 

Scratchの特徴

Scratchを使ってみて感じることは、その視覚的わかりやすさです。

構文の細かな文法など知らなくても、ブロックの形を見れば一目瞭然です。ブロックの凹凸が互いにはまるかはまらないか、見なければいけないのはその点だけです。

スクリプトの種別ごとに色分けもされており、子どもにとっては視覚的にも面白いのではないでしょうか。

インターフェース

例えば、このようにプログラム開始後にキー入力待ちのループに入り、スペースキーでスプライトが10歩前進、というブロックだとこのような感じになります。わかりやすいですね!

 

Scratchを使ってみての感想

ブロックを積み替えればすぐに画面のキャラクターに動きが反映され、それぞれのブロックが持つ意味がダイレクトに伝わってくる感覚があります。「子ども向けのプログラミング言語」なのでここはとてもわかりやすく設計されています。

 

頭で理解するのではなく、色と形で直感的に把握できる ScratchはこれからのIT教育の素材としてぴったりではないでしょうか。また、日本語に対応しているため、すぐにでも日本の教育現場に持っていけそうな点も素晴らしい点の1つです。プログラミングが義務教育化されても、学校でもすぐに使えそうです。

 

お子さんがいる方は夏休みに一緒に使ってみてはいかがでしょうか?

子ども向けのビジュアルプログラミング言語として、VISCUIT(ビスケット)もおすすめです。

[お知らせ]TechAcademyでは、オンラインのプログラミング教室、および会場に通って学ぶ初心者向けプログラミング講座を開催しています。いずれも非エンジニア向けです。

プログラミング講座

この記事に関連するキーワード

ITスクールTechAcademy