【解説】インフラエンジニアの仕事と取得しておきたい資格

インフラエンジニアって具体的にはどういうお仕事をしているの?資格って必要?という疑問にお答えします。専門性が高いためその分ハードルも高いのでは?と思うかもしれないですが未経験からでも十分に目指すことが可能な職業なんです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

IT業界で日々生み出される新しいサービスやシステムには、必ずネットワークやサーバーという存在があります。それらは、サービスやシステムを正常に稼働させるために必要不可欠。

その必要不可欠なネットワークやサーバーを設計・構築・運用をするインフラエンジニアは縁の下の力持ちのような存在です。

日々サービスやシステムに触れる時にネットワークやサーバーのことはあまり考えることが少ないかもしれませんが、正常に稼働させるよう監視し運用しているインフラエンジニアの努力がないと、ユーザーは快適にサービスを使うことができません。

 

では、そんなインフラエンジニアは具体的にどんなお仕事をしてるか、インフラエンジニアになるためにはどうしたら良いかを解説します。

 

インフラとは

そもそもインフラという言葉は聞き覚えがあるかもしれませんが、それが何を指すのか具体的に答えられる人は少ないでしょう。インフラとは、インフラストラクチャーの略で、本来は「下支えするもの」「下部構造」という意味を持つ言葉です。広く捉えると、生活や産業を成り立たせるための必要な施設やサービスとなります。

私たちの生活におけるインフラは、上下水道や電気設備、ガスなどの生活必需基盤だけではなく、道路舗装や橋梁なども含まれます。

どれだけサーキットで早く走れる車を開発しても、道路舗装がなければ最大限の力を発揮出来ません。

素晴らしい家電製品を買ったとしても、電気が通っていなければ使うことができません。

 

このように、下部構造がなければ私たちが生活を営む事が出来ないように、ITインフラが構築されていなければ、私たちがPCやスマートフォンでインターネットを使ったサービスや恩恵を受けることが出来ないと言えるのです。

つまりITインフラとは、サーバー構築やネットワーク管理、PCの設定やソフトの設定など、これら全てを指す物と言えます。そして、ITインフラを専業とする技術者の事をインフラエンジニアと呼びます。

 

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアはITインフラの業務に携わるエンジニアの総称です。インフラエンジニアは2つに分類することができ、1. ネットワークエンジニア  2. サーバーエンジニアと呼ばれる事もあります。

基本的には、どちらかから始まって最終的に1と2どちらの領域も携わることが多いため、インフラエンジニアと呼ばれています。

 

では、インフラエンジニアとはどのような業務をしているのでしょうか。業務の内訳としては、設計、構築、運用の3つに分ける事が出来ます。

 

1 設計

ある特定のシステムやサービスが正常に作動するために必要となるネットワークやコンピュータの導入など、クライアントが求める質・ボリューム・速さなどを実現するための最適なプランを企画書に落とし込み、提案する業務です。

様々なネットワーク周辺機器を知り、それらの性能・特質を熟知していなくてはなりません。費用対効果をしっかり把握し、最適な機器の選定をする事も重要です。

 

2 構築

設計されたプランを元に、実際にインフラを構築していく作業もインフラエンジニアが担います。現場での機器設置・ネットワーク設定を行い、要件を満たす動作・機能を構築します。構築したらしっかりと負荷テストを行い、構築したものが正常に稼働するかを確認するのも大切な役割です。

使用するOSはLinux(※)が大半を占めますが、Linuxで構築しても使用者はWindowsの場合が多くなるので、当然Windowsに対しても幅広い知識が必要となります。

 

3 運用

設計・構築をしたインフラが、その後も継続的に正常な動作をしているかどうか、保守や監視をするのも仕事です。もし、障害が発生した場合は、何が原因で障害が起きているのかを特定し、復旧作業を行います。

企業からインフラの保守・運用を一任されているインフラエンジニアは、何かトラブルがあった際にも迅速に問題解決ができるよう、トラブル対処に関する知識やスキルも必要になります。

企業にとっては、サービスやシステムが止まることが莫大な損失を発生させてしまう一大事です。そういった場合に、しっかりと対応ができることが求められます。

 

※Linuxとは、OSの一種です。OS=Operating System(オペレーティングシステム)でコンピュータを使う時の基盤となるものです。有名なOSとしてはWindows、Macがありますが、Linuxはオープンソースのソフトウェアです。世界中の無数のエンジニアによるボランティア活動によって改良を重ね作られました。

完全に無料で使うことができ、中身もすべて公開されている状態です。そのため、カスタマイズ性に優れ、無料で誰でも使えることから分野によってはLinuxが主力OSとなっているところも増えています。

Linuxはスマートフォンから家電機器、テレビやロボット、サーバーまで幅広い分野で展開されています。

[PR] ITスキルを学習し、IT企業に転職できるサービスを無料で実施中

インフラエンジニアの仕事に活かせるIT資格

インフラエンジニアの仕事を紹介してきましたが、未経験でインフラエンジニアを目指す場合、どのようなことを学習すると現場で活かせるのでしょうか。そこで、IT関連の資格をいくつか紹介します。

CCIE(シーシーアイイー)

アメリカに本社がある世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社であるCisco Systems社が認定するベンダー資格です。

この資格には種類があり、難易度が高い順に以下の通りです。

CCIE > CCNP > CCNA > CCENT

この中でもCCIEはネットワーク資格の最高位と言われ、すべてのシスコ認定プロフェッショナルのうち、CCIE取得者は3%未満と言われているほど難易度としては難しいものです。

CCIE取得に到達するためには、実務経験を数年積むことが推奨されており、筆記試験及びラボでの実技試験に合格する必要があります。

CCNA / CCNPはネットワーク関連の資格の中でも有名で、2つとも合格ができればプロフェッショナルな知識を保有していることを証明できるでしょう。

 

LPIC(エルピック)

LPICは、カナダに本社を構えるNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が認定するLinux技術者認定資格です。OSの中で圧倒的なシェアを誇るLinuxの資格で、今後もLinuxの需要は増え続けていくと考えられます。

Linuxを導入している企業のエンジニアや転職を検討している方は、取得しておきたい世界共通の資格です。

企業によっては、LPICを取得した社員に一時報奨金や昇給などを実施するほど、キャリアアップにもつながる資格です。
LPICには3つのレベルがあり、初級から上級へとステップアップしていく構成になっています。未経験の方はまずレベル1でLinuxの基本操作とシステム管理の知識・スキルを習得しましょう。

 

Oracle Master(オラクルマスター)

アメリカにあるソフトウェア会社Oracle Corporationが認定するオラクル社製品の知識を証明する資格です。Oracle Masterは認知度が高く、世界共通で評価される人気のある資格です。未経験からエンジニアを目指す人や、エンジニアになりたての人が取得すると一定の知識があることを証明できるでしょう。

Oracle Masterには4つのレベルがあり、難易度は以下の通りとなっています。

Platinum > Gold > Silver > Bronze

未経験の人はBronze(ブロンズ)から取得をしましょう。

4つの中では難易度が一番低く、データベースの管理者として必要となる基礎知識を問われます。Silverを取得するには、Bronzeの試験に合格している必要があり、Bronzeと比較して難易度は一気に高くなるので、自分のキャリアに必要かどうかもあわせて取得を検討した方が良さそうです。

 

このように、IT関連の有名な資格はいくつかありますが、IT企業への就職・転職のきっかけや自信を持てる要素の1つとして、取得しておくと良いでしょう。

 

どうすればインフラエンジニアになれるのか

未経験からインフラエンジニアになることは十分に可能です。インフラエンジニアは非常に専門性の高い職業ですが、それだけに興味を持つ人も多いと思います。

特に、「専門的なスキルを身につけ長期的に安定感あるキャリアを築きたい」と思っている方には良い選択肢と言えるでしょう。

慢性的な人手不足となっているインフラエンジニアは、常時採用ニーズがあるポジションでもあります。多くの仕事が今後さらに機械化されていく中で、それらを支えるインフラエンジニアは必要不可欠な存在となります。

 

では、そのインフラエンジニアになるためにはどうしたら良いのでしょうか。

未経験から目指す場合は、前述した資格取得を目指すのも1つの手です。全く何の知識もないままでは、さすがに企業側も受け入れられるところは少ないので、一定の知識がある証明として資格の取得はおすすめです。

また、実際に現場で業務をする際に、サーバーやネットワークを扱ったことがないと同時期に入社した人に遅れをとってしまったり、昇給なども遠のいてしまいます。そのため、事前にある程度の知識とスキルを習得した上でインフラエンジニアになるのが望ましいと言えます。

 

未経験からインフラエンジニアを目指せる就職直結型スクール

就職・転職活動の前に、基礎知識とスキルの習得をするのであれば、短期集中でスクールを活用するのが近道と言えそうです。

職業訓練やプログラミングスクールがありますが、エンジニアへの転職を考えている場合は、プログラミングスキルの習得と就職・転職まで実現ができるTechAcademy就職予備校がおすすめです。

TechAcademy就職予備校の特徴は、オンライン完結の学習システムで空いた時間を有効活用できる事が挙げられます。PCとネット環境があれば、教室に出向く必要が無いという大きなメリットが得られます。

未経験者であっても習得が出来るよう現役エンジニアの手厚いサポートによってプログラミングやデータベースの基礎を学ぶことが出来ます。学習と並行して、IT業界への就職・転職サポートも行っており、すでにこのスクールからはインフラエンジニアへの転職を実現した卒業生がたくさんいます。

 

就職・転職サポートでは、キャリアカウンセリングを実施し、本人のバックグラウンドや今後の意向を確認した上で、適正・希望にあった求人の紹介、書類選考、企業面接の日程調整までフォローします。現業が忙しい人も、代理で転職活動を進めてくれるので最小限のエネルギーで転職活動をすることができます。

また、このスクールには受講料キャッシュバック制度というものがあり、学習をしっかりと完了して就職に至った方には受講料を全額キャッシュバックしています。実質無料でエンジニアの基礎知識の習得と就職・転職の実現まで可能なので、あまり自信がない未経験の方にとってはエンジニアへの第一歩として挑戦しやすいサービスではないでしょうか。

詳しいスクールの内容はTechAcademy就職予備校のページでご覧ください。