クリエティブな仕事場を!デザイナーのためのワークスペースまとめ

デザイナーのワークスペースを集めてみました。デザイナーやエンジニアにとって自分の仕事環境はとても重要です。よりパフォーマンスの高い仕事をするために、生産性をあげるためにクリエイティブな仕事場を作りましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

本稿は、designmodoのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、フリーランスのWebデザイナーPaula Borowska氏によって投稿されました。

 

机には何がありますか?

ペンとノートパソコン、椅子とマグカップ?普通はそうですが、クリエイターの机にはもっとたくさんのものがあります。インスピレーション、情熱、アイデア、汗があります。

デザイナーにとって作業場は単なる机ではありません。アイデアを具体的な構想にすることを助けてくれる親友であり相棒です。

ここでは何がクリエイターのワークスペースを構成するのかを詳しく見てみました。私の発見は衝撃的なものではありませんが、おそらく見落とされていることだと思います。

 

きれいでシンプルで実用的

クリエイターのワークスペースはきれいで、散らかっていません。

創作活動に必要なもの、仕事を片付けるために不可欠なものだけが置かれています。実際は写真用に掃除してあったのかもしれませんが、それにしてもそれらのワークスペースは創造性を整理するための機能的でシンプルなスペースです。

 

オモチャ指向

ああ、たくさんのオモチャがあります。技術的な道具という意味です。

あらゆる世代のiMac、MacBook、iPhone、iPod。Apple以外のクールな機械もたくさんあります。正直な話、そんなにたくさんのものを持っていることを責めているわけではありません――仕事に役立っているのであれば!

これらのオモチャはクールなだけでなく、作業の上で非常に大事なものです。それがなければ、想像力を満たすことは難しいでしょう。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

洗練されてスタイリッシュ

どういうわけか、ワークスペースはすべて高級で高性能なように見えました。

実際クリエイティブであるには、多少なりとも姿形が良いのが好ましいです。加えてクリエイターは基本的に見栄えがよくて機能するものを作るのが得意なので、結果としてワークスペースはスタイリッシュになります。

机をそれ以上のものにするのは、使う人のやり方によります。机を創造性を引き出すために使えば、そのワークスペースはもっとよくなります。

 

カスタマイズ

ブログやソーシャルネットワークに投稿された様々なワークスペースがありますが、全て実質的には同じであると気付きました。机、椅子、コンピュータがあります。それ以外には何があるでしょうか。

気付いたのは、それぞれのワークスペースがノートパソコンや壁紙の種類・スクリーンの位置や角度・机でお茶を飲むかどうかなどその人によってカスタマイズされているということです。

このような個人の流儀こそがワークスペースをクリエイティブにするものであり、それがなければただの机になるのです。

 

終わりに

この分析で分かったのは、クリエイティブなワークスペースというのはパーソナルで神聖な場所だということです。

クリエイティブな仕事場の分析が、良いワークスペースを作るための最初のステップとなります。

以下はDribbbleの素晴らしいコレクションです。インスピレーションを得て仕事に取り掛かりましょう!

 

ワークスペースの例

 

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役のWebデザイナーがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートします。デザインのスキルを磨きたい、思い描いた通りのデザインを自分で作りたいと考えている人は、ぜひご覧ください。