fontタグの使い方!HTMLでフォントサイズを指定する方法【初心者向け】現役Webデザイナーが解説

初心者向けにHTMLでフォントサイズを指定する方法について解説しています。fontタグの書き方、フォントサイズやカラーを指定する方法を実際にソースコードを書いて紹介しています。とても簡単なので、すぐ覚えられるでしょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLでフォントサイズを指定する方法について解説しています。

初心者でも簡単にフォントサイズや色を指定できるので、ぜひ書き方を覚えておくと良いでしょう。

目次

 

fontタグとは

fontタグは、HTMLの要素で文字の色やサイズやフォント(書体)の種類を指定するタグです。

文字の色は指定しない場合、黒(ブラック)になります。

fontタグでは、文字のサイズを1から7までの相対的な数値で変更できます。

 

フォントの指定とは広く書体と同じ意味で用いられるもので、美的感覚に基づき、字体を統一的にデザインした文字のスタイルのことを指します。

角ばったゴシック体のフォントや細長い明朝体などがあります。

文字そのものの形のデザインといったところです。

※HTML5でfontタグは廃止されたため、今後ブラウザの新しいバージョンになった場合、動作しなくなる可能性があります。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

フォントカラーの指定方法

文字の色をfontタグで指定するには、fontタグにcolorの属性を追加して値を指定します。

font color="red"
font color="#226666"

色の指定方法には、#(ハッシュ)から始まる6桁のカラーコードで書く方法と、redやblueやwhiteやorangeというふうに直接、カラーネームを書く方法があります。

 

カラーコードは16進数で0から9、そしてaからfまでの数値を指定できます。

これは2桁ずつRGB(レッド・グリーン・ブルー)という光の三原則の割合になっています。

#ff0000とした場合、赤色になります。

#00ff00は緑色です。

fontタグでの文字色指定の置き換え方は、HTMLタグで文字色を自由に指定する方法で紹介されていますので、ご参考にしてください。

 

フォントサイズの指定方法

文字のサイズをfontタグで指定するには、fontタグにsizeの属性を追加して1から7の値を指定します。

font size="7"

3が通常の文字の大きさになります。

fontタグでのフォントサイズの置き換え方は、HTMLのフォントサイズで最大値・最小値を指定する方法で紹介されていますので、ご参考にしてください。

 

フォントの指定方法

文字のスタイルをfontタグで指定するには、fontタグにfaceの属性を追加してフォントを指定します。

フォントは複数指定することができて、先頭のフォントから優先され、カンマ区切りで記述していきます。

font face="候補1,候補2,候補3"

 

フォントを指定しても、その人の端末にフォントがインストールされていなければ、フォントは表示されません。

最後の方で共通の一般的なフォントを指定するようにします。

fontタグでのフォント指定の置き換え方は、CSSでfont-familyを使ってフォントを指定する方法で紹介されていますので、ご参考にしてください。

 

実際に書いてみよう

fontタグを実際に使用してみます。

sample.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
  </head>
  <body>
    色もサイズもフォントも指定していない通常の文字<br>
    <font size="5" color="#00ff00">大きさ5とカラーコードで緑色を指定した文字</font><br>
    <font color="green">カラーネームで緑色を指定した文字</font><br>
    <font size="5" face="impact">impactという英字専用フォントを指定した文字</font><br>
    <font face="MS P明朝,MS 明朝">明朝体を指定した文字</font><br>
    <font face="MS Pゴシック,MS ゴシック">ゴシック体を指定した文字</font><br>
    <font face="sans-serif">sans-serifを指定した文字</font><br>
    <font size="6" color="#ff0000" face="MS P明朝,MS 明朝">
      明朝体でサイズと色を指定した文字
    </font>
  </body>
</html>

実行結果

 

 

以上、fontタグの書き方と置き換え方を紹介しました。

HTMLファイル内でフォントサイズやカラーも決めることができるので、ぜひ書き方を覚えておきましょう。

「ちょっとどんな雰囲気になるのか見てみたい」という時に自分で書けると便利です。

他にも、Webデザイナーとはどんな仕事をするのか詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

執筆してくれたメンター

メンターSSさん

文系・未経験でIT企業に就職して、9年目。

環境構築から開発・設計・テストまで何でも屋さんをやっていました。

テックアカデミーではJavaコースを担当しています。

 

HTMLを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

HTMLを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebデザインコースでは、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーの手厚いサポートを受けながら、オリジナルのWebサイト制作を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役Webデザイナーから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!