【看護師の悩み!】人間関係に疲れた人におすすめの仕事3選

看護師として働いていると、理想と現実のギャップに苦しむ人も多いのでは?離職率は毎年平均10%を超えており他業界と比べても高い数値です。ここでは看護師に多い人間関係の悩みと、その解決策として考えられる選択肢について解説させていただきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

「せっかく苦労して手に入れた看護師資格。憧れていた職業だったはずなのに、実際に働き始めてみるとどうも理想と違う…」

看護師として働いていると、このような理想と現実のギャップに苦しむ人もいるでしょう。

看護師の離職率は毎年平均で10%ほどあると言われており、他の業界と比べても高い数値です。

特に、辞めてしまう最大の理由として「人間関係の悩み」が挙げられます。患者さんとの関係だけではなく、女性社会の看護師業界では、職場での人間関係がうまくいかないことが仕事をする上でネックになるのでしょう。

ここでは看護師に多い人間関係の悩みと、その解決策として考えられる選択肢について解説しています。

 

なお本記事は、TechAcademy就職予備校のカリキュラム・キャリアサポートの内容をもとに執筆しています。

 

人間関係が悪い職場環境

まずは看護師に多い悩みについて具体的に見ていきましょう。複数の職場を経験したことがないという人の場合、「職場環境が悪い」ことそのものに気づいていない可能性もあります。

人間関係の悩みは、看護師の悩みとして上位にあげられることがとても多いです。現在の職場環境はどうでしょうか?

 

高圧的な態度をとる上司、管理職が多い

職場の人間関係は、良くも悪くもその場で最も力を持っている人の考え方に影響されます。

上司や管理職の人に職場全体の人間関係を良くしていくという意識が低い場合、職場の人間関係も悪化してしまう可能性が高くなります。

 

協力し合うという意識が低い

チームとして仕事をする意識が低いために、自分の仕事を減らすことを考えたり、他の人のことを考えずに自分の予定を優先するなどしてシフトの融通が効きづらいという意見も散見されます。

そうなると、必然的に周囲に対する不満がたまり、職場内でのコミュニケーションも少なくなる傾向があります。

 

仕事とは関係のない感情に支配されている人が多い

無用な派閥意識や上司との不倫関係など、仕事を進めていく上で関係のない感情が蔓延している職場では、まともな信頼関係を築くことは難しくなります。

 

仕事の不満が多い

何か問題が発生した時に被害者意識が強いと仕事の不満が溜まりやすく、その問題を乗り越えようというポジティブなモチベーションを失ってしまいます。そういった雰囲気が充満している職場環境では、不満が解消されずらく溜まっていく一方の悪循環となりやすいです。

また、仕事の内容自体も患者様やその家族、医者などあらゆる側面からプレッシャーや重圧を感じる精神的に大変な仕事でもあります。また、排泄処理や注射針やナイフなど危険な作業を伴うこともあり、体力的にも辛いと感じる人は多いでしょう。

 

ご自身がいる職場はこの中でいくつ当てはまるでしょうか。解決や改善の目処が見えない・心身のバランスを崩してしまいそう、という状況に置かれているならば別の職場に移ることも考えてみる必要があるかもしれません。

 

人間関係に疲弊した人におすすめの仕事3選

ここでは「人間関係に疲れた…」と感じている看護師の方におすすめのお仕事をピックアップしてみました。看護師業界に限界を感じてしまっている方は、今後のキャリア・人生プランを考える際の参考にしてみてください。

 

1. 保育士

保育士は看護師としての知識も生かせるシーンが多い仕事です。

看護師の方の中には「患者さんとのやりとりが辛い…」という方も少なくないと思いますが、保育士が日常的に関わる相手は夢と未来にあふれた子供達ですから、子供が好きな人にとってはストレスを感じるシーンはぐっと少なくなるでしょう。

ただし、保育士の問題は給料の少なさです。保育士は都市部では需要が極めて高い仕事ですが、働く施設が圧倒的に少ないという問題を抱えています。

 

そもそも保育園に入れる枠に限りがあるため、高い料金を払ってでも入所したい人がいるにも関わらず抽選で入園可能者を選んでいるというのが現実です。そのため、市場全体の需要をうまく働く人の賃金に反映させられていないと言うのが実情なのです。

保育士の平均年収は300万円程度、月収にすると20万円前後となっています。(平成27年度の厚生労働省「賃金構造基本時計調査」より)

 

2. ネイリスト、アイリスト

ネイリストやアイリストといった美容やリラクゼーション関連の仕事は資格が必要なく、まったくの未経験からも始めやすいという長所があります。

看護師になるだけのバイタリティがある方であれば十分に活躍できる仕事ということができるでしょう。また、美容についての関心が高い女性の場合、楽しく仕事に取り組めるという方が多いのも特徴です。

ただし、女性が中心の職場であるため、看護師の仕事で人間関係に疲れてしまった人にとっては、女性社会の職場環境に適合できるかどうかはよく見極める必要があります。

 

3. ITエンジニア

まったくの未経験から始められる仕事を始めてみたい、今後も伸びていく業界で年収の高い仕事をしたいという希望を持っている方におすすめなのがITエンジニアです。

ITエンジニアはいわゆる「手に職をつける」という側面が強い仕事ですから、自分の技術さえあれば様々な企業から引く手数多の状態になります。というのも、IT技術者はここ近年で非常に需要が高まっているにも関わらず供給が追いついておらず、常に人材不足の状態に陥っているためです。

ITエンジニアとして活躍する人の中にはフリーランスとして在宅勤務など自由な環境で仕事をしながらも年収1000万円以上稼いでいる人も少なくありません。

現在は「パソコンなんてインターネットぐらいしか使えない」という人でも、数カ月程度のトレーニング期間があれば未経験から業界に入っていくことは可能ですし、継続的な学習ができる人であればどんどんキャリアアップしていくことができるのもITエンジニアの魅力です。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

未経験から手に職をつけるなら

これからの長いキャリアを見据えた時に、やはり看護師という仕事を続けていくイメージが湧かないという人は、ITエンジニアを選択肢の1つに入れてみるのはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアを目指すとしたら、下記のような手順で進めていくと良いでしょう。1つ1つ詳しく解説していきます。

  1. ITスキルを身につける
  2. プロの力を活用して転職活動する

 

ITスキルを身につける

やはり「手に職」の仕事に必要なのは技術・スキル・専門的な知識となります。看護師として働く際も、まずは専門的な知識を学習するところから始めたのではないでしょうか。

ITエンジニアも同様に、未経験から挑戦できる職種とはいえ、基本的なスキルや知識は事前に習得しておくべきです。

今や、ネット上には無料でIT技術を学習できるサービスはたくさんあります。まずは、そのような無料のサービスを通して自分に適性があるかどうかを見極めるのも良いでしょう。

本格的に、基礎から応用まで体系的に学習してスキルを習得したい場合は短期間で効率的に学習できるスクールを活用して仕事につながるスキルを習得することをおすすめします。

 

プロの力を活用して転職活動する

未経験の領域に転職をする際、これから進もうとしている業界の情報がなく転職活動も不安になるかと思います。また、そもそも転職活動自体が初めての場合、どのようにアプローチしていくべきかわからず、手当たり次第の求人案件に応募して内定を獲得したとしても、労働環境が悪かったり想定していた業務とは違うことをすることになってしまうことも発生しかねません。

プロの転職コンサルタントを利用することで、そういった不安や思わぬ事態の発生も事前に防ぐことができます。

また、IT業界そのものの動向や、各求人のリアルな情報もコンサルタントがしっかりと把握しているため、十分な情報を得た上で納得感を持って転職活動を進めることができるでしょう。

 

上記の2点は、ITエンジニアなど未経験の業種・領域に転職をする際には非常に重要な要素となります。そこでおすすめしたいのが、この2点を併せ持ったオンラインスクールです。

「TechAcademy就職予備校」というオンラインスクールは、ITエンジニアを目指す際にもっとも汎用的で優れた言語と言われている「Java」のスキルを習得し、IT業界に精通したプロの転職コンサルタントが転職支援も行っています。

特徴としては、

  • オンライン完結の学習システムのため、PCとネット環境さえあればどこでも学習を進められる
  • Javaのプロである現役エンジニアの学習サポートを毎日受けられる
  • 実践的なので現場で業務をする際にすぐに活かせる力を身につけられる
  • 転職コンサルタントが受講生ごとに1名担当するサポート体制で転職支援

となっています。

これまでに、飲食店や介護士、看護師などのバックグラウンドを持った人が挑戦してITエンジニアへと転身している実績が多数あるスクールです。

今後のキャリアや人生プランを考えた時に、ITエンジニアを目指してみたいと考える方にとっては挑戦する価値があるのではないでしょうか。

詳しいスクールの内容はTechAcademy就職予備校のページよりご確認ください。