Photoshop(フォトショップ)で画像を切り抜く方法【初心者向け】

Adobe Photoshop(フォトショップ)を使って「画像を切り抜く(トリミング)方法」を紹介する記事です。自動選択ツールやペンツールを使った切り抜き方法や、人物の写真を使って髪の毛など細かいところまで切り抜ける方法を紹介します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

ノマリカ

印刷会社で校閲とDTPオペレーションを5年、Web制作会社でデザイナーを8年、一般企業でWeb担当を1年経験した後、フリーランスのデザイナーとして独立。
伝わりやすくて明快なデザインを得意としている。

初心者の方でもAdobe Photoshopの使い方がわかる記事です。

Photoshopでは写真を切り抜いて加工することができるので、これが使えるようになると便利です。

この記事を見ながらぜひ試してみてください。

 

目次

 

(※今回の作業はすべてAdobe Photoshop CCのバージョンでおこなっています)

なお、今回の記事の内容は動画でもご覧いただけます。

テキストよりも動画の方が理解しやすいという場合はぜひご覧ください。

 

大石ゆかり

田島メンター!!画像同士を加工するので切り抜きをしたいのですが、なかなかうまくいかなくて……

田島悠介

切り抜きの方法は、対象の形や周りとの色の関係などによっていろいろと使う機能も違ってくるよ。

切り抜きたい画像の内容を一度確認してみよう。

大石ゆかり

具体的にはどういうところを見ればいいんですか~?

田島悠介

そうだね、まずは一番簡単な自動選択ツールが使えるケースについて考えてみよう。

 

自動選択ツールを使った切り抜き

以下のような、切り抜きたい部分と背景部分とのコントラストがはっきりしている画像は、「自動選択ツール」を使用することで簡単に切り抜きを行えます。

 

まずは対象の画像をPhotoshopで開き、レイヤーパネルを確認します。

レイヤー名が「背景」である場合は、レイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択して通常レイヤーへ変換しておきましょう。

 

次に、左のツールパネルから選択ツールのアイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選択します。

 

画面内の、切り抜きたい部分以外の箇所でクリックします。

※切り抜きたい部分のほうが単色に近い場合は、切り抜きたい部分の内側をクリックし、上部メニュー「選択範囲」の「選択範囲を反転」を選び、切り抜きたい部分以外が選択された状態にしておきましょう。

 

自動選択ツールでクリックする際は、「許容値」の値が大きいほど選択される範囲が広くなり、小さいほど狭くなります。

きれいに選択できない場合は、許容値を調整してみましょう。

 

選択範囲が作成されたら、上部メニュー「編集」から「消去」を選択します。

 

切り抜きたい部分以外が透過の状態になりました。

 

レイヤーマスクの利用

レイヤーマスクを追加することで、切り抜きたい部分以外を消去せずに元画像を保持したまま切り抜くことができ、容易に修正ができるようになります。

レイヤーマスクを利用するときは、切り抜きたい部分を選択した上で、レイヤーパネルのアイコン「レイヤーマスクを追加」をクリックします。

 

ペンツールを使った切り抜き

周囲とのコントラストがはっきりしていない場合や自由な形の切り抜きを行うときは、ペンツールを使用した方法が有効です。

今回は以下の画像を用いて、右側のカップを切り抜いていきます。

 

先ほどと同様に、レイヤー名が「背景」である場合は、レイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択して通常レイヤーへ変換しておきましょう。

 

左のツールパネルのペンツールのアイコンを右クリックし、「ペンツール」を選択します。

 

画面左上の「ツールモードを選択」は「パス」を選択しておきましょう。

※ペンツール選択時、初期設定では「シェイプ」と表示されています。

 

切り抜きの対象に沿ってクリックし、アンカーポイントを追加していきます。

このとき、対象の1〜2pxほど内側を選択していくときれいに切り抜くことができます。

 

パスの最後は開始点をクリックし、対象をパスで囲むことができました。

 

次に、レイヤーパネルが表示されている付近のタブ「パス」をクリックし、パスパネルを表示させます。

パスパネルのタブが見つからない場合は、上部メニュー「ウィンドウ」から「パス」を選択し表示させましょう。

 

パスパネル下部にある「パスを選択範囲として読み込む」アイコンをクリックします。

 

パスが変換され、対象に沿った選択範囲が作成できました。

 

切り抜く対象以外の部分を削除していきましょう。

上部メニュー「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。

 

さらに、上部メニューの「編集」から「消去」を選択します。

 

切り抜く対象以外の部分が透過の状態になり、完了です。

 

大石ゆかり

自動選択ツールがうまくいかない場合は、パスを使うんですね。

田島悠介

対象のちょっとだけ内側をなぞるようにすると、合成後の画像で余白が目立たなくなるよ。

大石ゆかり

人物とか、複雑な輪郭のものだとこのやり方は大変そうですね……

田島悠介

そういうときは「境界線を調整」を使おう。

この機能ではかなり細かい部分まできれいに切り取れるようになるんだ。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

「境界線を調整」機能を使った切り抜き

「境界線を調整」という機能を使うことで、比較的簡単に複雑な形状を切り抜くことが可能です。

今回は、以下の画像の人物部分を切り抜いていきます。

photoshop_c_1

 

ツールパネルの選択ツールアイコンを右クリックし、「クイック選択ツール」を選びます。

 

選択したい部分を内側からドラッグすると、自動で選択範囲が作成されます。

はみ出した部分はAlt(option)を押しながらドラッグすることで解除できます。

photoshop_c_3

 

下の画像のように選択したい部分が離れて複数ある場合は、Shiftを押しながらドラッグすることで追加選択できます。

photoshop_c_4

 

また、選択範囲の追加と削除は、上のメニューからツールアイコンをクリックすることで切り替えることもできます。

 

以下はサンプル画像の切り抜きたい部分を選択した状態です。

ここからは髪の毛の部分を切り抜いていきます。

より詳しく知りたい方は、Photoshopで髪の毛をきれいに切り抜く方法もあわせてご覧ください。

photoshop_c_5

 

選択ツールを選んだ状態で、上部のオプションバーにある「選択とマスク」をクリックします。

 

「表示モード」を「白黒」にしてみましょう。

白黒で見ると、髪の毛やまつ毛などの細かい部分が選択されていないのがわかります。

 

次に、同じように「表示モード」の「レイヤー上」をクリックします。

 

「スマート半径」を選択し、大きさを調整します。

 

境界線調整ブラシツールに持ち替え、髪の毛とまつげの境界部分をドラッグします。

 

もう一度「表示モード」の「白黒」で見てみると、先ほどと違って細かい部分が追加されていることがわかります。

 

「出力先」から「新規ドキュメント」を選びOKを押します。

 

人物の部分だけ切り抜きされ、背景が透明の画像が新規に作成されます。

まわりの白と灰色の模様は透過(透明)の状態(なにも描かれていない状態)です。

photoshop_c_14

 

背景に色をつけてみましょう。

ここでは「背景レイヤー」という名前のレイヤーを新規追加しています。

photoshop_c_14_2

 

レイヤーの順番を入れ替えます。

(背景レイヤーが下になるようにします)

photoshop_c_14_3

 

「背景レイヤー」をツールパネルの「塗りつぶしツール」で塗りつぶしてみると、髪の毛などの細かい部分も切り取られているのが分かります。

photoshop_c_14_4

 

背景レイヤーは目的やデザインの雰囲気に合わせて編集してみましょう。

photoshop_c_15

 

いかがでしたか?

ぜひバナー作成などにチャレンジしてみてください。

 

田島悠介

「境界線を調整」を使ったやり方は以上だよ。

大石ゆかり

髪の毛まできれいに切り取れちゃいました!

田島悠介

自動選択だけでできるものならこの機能は必要ないときもあるかもしれないし、逆に人物などをパスや自動選択でやろうとすると大変になる。

画像の状態によってツールを使い分けよう。

大石ゆかり

対象をよく見て方法を選ぶのが大事ですね。ありがとうございました!

 

Photoshopを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • Photoshopを調べたけど分かりづらい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Photoshopの学習や情報収集をしていて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPhotoshop講座では、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーのチャットサポートを受けながら、初心者でもフォトレタッチをマスターできます。