20代後半からの転職マニュアル!転職活動を成功させるコツとは

20代後半からの転職をする上で事前に知っておきたいポイントをまとめています。転職活動を始める前にどこまでキャリアプランを設計すれば良いのか、どういう動き方をすれば良いのか詳しく紹介しています。転職未経験の方はぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

転職活動と一口に言っても年齢によってその方法や押さえるべきポイントは様々です。

今回は20代後半の転職活動における特徴や注意したいポイント、企業を選ぶ際の基準などを紹介したいと思います。

20代後半で転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

 

学生の時の先輩から転職の苦労話を聞きました。先輩も20代後半になるのですが、新卒の就職の時にはない苦労を沢山したそうです。

 

 

お友達が転職したんですね。確かに新卒の時と、20代後半では注意すべきポイントは違ってきます。

 

 

年齢を重ねると転職が難しくなるという事ですか?

 

 

そんなことはありませんよ!20代後半は新しいことを吸収するのにはぴったりの時期です。ただし、新卒の時と同じというわけにはいきません。

 

 

その年齢ならではの注意すべきポイントがあるということですね。私にも教えてもらえませんか?

 

 

分かりました!20代後半での転職で注意すべきポイントを順をおってチェックしていきましょう。

 

 

20代後半で転職する際の注意点

20代後半での転職にはいくつかの注意すべきポイントがあります。

  • 転職後のビジョンを定めずに退職すると目的意識が持てず活動が上手くいきません。転職には自分の望む業種への転向、給与などの待遇改善、キャリアアップなど様々なプラス要素が存在します。自分はその中から何を求めて転職するのか、それをきちんと考えると思考が前向きになり転職活動がスムーズに進みます。
    具体的な想像が難しい方はアバウトでもいいので、5年後10年後に自分がなりたい姿を考えてみてください。長期の目標が定まると、今どの業種に転職すればよいかを逆引きで考えることで短期の目標も自然と決まります。
  • 離職中の生活費を考慮せずに転職すると生活が困窮し、転職活動の障害になります。20代後半での転職の場合は貯金もあまりない場合が多いので、可能な限り在職しながらの転職活動をおすすめします。ただし仕事をしながら流動的に転職活動をすると投げ出してしまう危険性があります。
    そこで自分の中で「転職をするぞ!」と決意したらスケジュールを立てるとスムーズに進行できます。転職希望日をまず定め、そこから転職活動できる期間や退職日を算出、具体的に日程を決めていきましょう。これだけで転職成功率がぐっと上昇します。

なお、きっちり辞めてから転職活動したいという方は「退職後3か月までは転職成功率が高い」という統計をベースにスケジュールを組むことをおすすめします。

 

20代後半の転職活動の特徴とは

20代後半の転職活動の特徴をいくつか記載します。

  • 20代後半は発展性があるため転職活動の際キャリアアップ、キャリアチェンジどちらの方向にもシフト可能です。転職活動の途中で切り替える人もいます。
  • 20代後半の転職活動はスムーズに完了することが多いです。20代後半であればビジネスマナーやコミュニケーション能力など基本的な社会人としてのスキルが身についており、企業側の視点ではそれらのスキルを持つ人材は即戦力として歓迎する傾向にあります。
  • 20代後半で転職活動を行う人は転職エージェントを利用するケースが非常に多くなります。転職エージェントの視点では20代後半の転職者は非常に魅力的な人材です。当然採用企業もそう考えていますので、手厚いサポートを受けながら質の良い求人に出会えるでしょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

【職種別】転職先を決める際の基準

ここからはビジネス職、技術職それぞれについてどのような基準で企業を決めるとよいか、について紹介します。

ビジネス職の場合

転職は同業種への転職か異業種への転職、どちらか一方を選ぶ必要があります。

ビジネス職の場合、同業種への転職を希望するのであれば既にノウハウがあり即戦力となれるので、雇用条件や待遇の向上、つまりキャリアアップを基準に企業を選ぶことをおすすめします。

他業種への転職の場合は今までの経験とこれからの経験が将来どのような相乗効果を生むかを考え、今だけではなく5年後10年後のキャリアチェンジに有用な企業かどうかを基準に選ぶと良いでしょう。

 

技術職の場合

技術職の場合、同業種への転職をしたいと考えるのであればキャリアアップのため長く貢献でき、やりがいを感じられるかを基準にすることをお勧めします。

他業種への転職を望む場合、技術職は専門性が高い場合が多いので自分の持つ技術や知識が転職希望先の業務とマッチするとスムーズにキャリアチェンジが可能です。ですので、自分の持つ技術や知識と転職希望先の業務との相性を基準とするとよいでしょう。

 

全くの他職種は難しい?

20代後半の転職であればまだ年齢的に若いので、畑違いの職種に挑むのも問題ありません。

ただ、どうしても同職種への転職よりは難しくなってしまうので、自身の経験が転職したいジャンルにどのように活かせるかをきちんと考え、しっかり腰を据えて転職活動を行うようにしましょう。

また、他職種への挑戦には資格取得や講座の受講など転職先に必要なナレッジの形成も重要です。転職先のことや業務のことは企業のコーポレートサイトや転職サイトなどで調べましょう。

資格取得は講座を受けるか参考書を購入して独学の2択が基本ですが、どちらの手段でも転職完了までの時間をきちんと計算し、集中的に行うようにしましょう。

 

まとめ

20代後半の転職で押さえておきたいポイントをいくつか説明しました。

年代的にはまだまだルーキーなので色々なことに挑戦するのには良いタイミングです。

自分の可能性を転職によって広げることができれば後々それは大きな武器となるので、臆せずにチャレンジしてみましょう!

 

 

キャリアアップとキャリアチェンジ・・・まずはそこを決めないといけないのですね。

 

 

どちらにもメリットとデメリットがありますから、よく考えて決めないといけません。転職活動中にシフトする場合もありますよ。転職すると決めたらすぐ動くスピードも必要です。

 

 

なるほど・・・時間を意識して活動をするということですね。確かにいつ転職してもいいやと思っていたら、なかなか決まらなかったと先輩が言っていました。

 

 

スピード以外に大事なことは「どの基準で転職先を選ぶか」です。一人で検討することが難しかったら転職エージェントを利用するのもいいですよ。

 

 

転職のためには、新しい仕事で通用する資格をとったり、スキルを学んだりすることは必要ですか?

 

 

必ずしも必要という事はありません。20代後半はスキルアップにもぴったりの時期です。転職先の可能性を広げるためにチャレンジするのもよいと思います!

 

 

また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。