実践してみよう!面接で緊張しないための方法まとめ

何度経験しても慣れることのない面接。緊張してしまい、うまく話せずアピール不足となり選考の通過率を下げてしまうこともあるでしょう。面接本番で緊張せずに、良いアピールとパフォーマンスを発揮する方法をまとめましたので、ぜひ、対策の一つとして役立てて下さい。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

何度選考を受けていても、面接に挑むとなると大なり小なり緊張してしまうもの。しかし、対処法を知っておくことで、過度の緊張を抑えて本来の力を発揮しやすくなります。

ここでは「なぜ面接で緊張するのか」にはじまり、緊張しないための「考え方」や「行動」についてまとめていきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyキャリアの転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

過度な緊張は「悪い結果への恐怖」が引き起こす

面接に挑む際にひどく緊張してしまう大きな要因は「悪い結果」を極端に恐れる気持ちです。「ここでヘマをすれば転職に失敗してしまう」という思いが、強い緊張を生み出すのです。
加えて、面接会場の張りつめた空気感や、初対面の相手に対して上手く喋らなければならないという思いもストレスとなり緊張感を高めます。

緊張は本来、能力を十分に発揮するための身体の働きです。過度に緊張が生じると交感神経の働きが活発になり、心拍や脳神経、手足の神経を活性化させます。

ところが、ストレスによって緊張が過度に高まると、活性状態も過剰になり、動悸や息切れ、手足の震え、頭の中が真っ白になったりする症状が現れてしまうのです。

緊張による症状で面接を台無しにしないためには、過度な緊張を抑えることが必要です。

 

十分な準備と緊張を「当たり前」とする考え方

過度に緊張しないためのメンタル面へのアプローチ方法をみていきます。

方法は大きく2つ。それは「自信をもつ」ことと、「緊張を受け入れる」ことです。

 

自信をもつ

過度な緊張を引き起こすのは失敗への極端な不安や恐れです。自信が持てるだけの十分な事前準備をすることで、不安の度合いを減らすことができます。

例えば、質問の傾向とそれに対する自分自身の経験や考えをまとめておく、転職関連の本を読み込んで実際のやり取りを想定し紙に書き出す、などの方法を実践するといいでしょう。

面接時の状況を想像しながら声に出して何度も予行演習をすることも大切です。

 

緊張を受け入れる

「緊張してはいけない」と思う気持ち自体がストレスに繋がります。

適度な緊張は大事な局面に挑む際の身体の自然なメカニズム。つまり、緊張は万人に共通して起こることなのです。緊張を「当たり前」として許容することで、強すぎる緊張が和らぐことでしょう。

 

[PR] プログラミング勉強してIT企業にエンジニアとして転職

面接当日は「普段通り」を意識的につくる

面接当日の行動についてみていきましょう。過度に緊張しないために必要なのは「普段通り」の状況を作ることです。

余裕をもっていつも通りの手順で行動する

焦りは、緊張の引き金となる大きな要素です。面接当日は、余裕をもって面接会場に向かいましょう。

最寄り駅や面接会場のトイレなどで、身だしなみを万全に整える・笑顔の練習をする・事前にまとめた内容を頭の中で復習するなど最終確認をすると、心構えができます。

一連の確認をルーティン化して面接のたびに行うと、平常心を作るのに一役買うでしょう。

 

第一声のテンションを大切にする

入室のあいさつから、自分にとって一番明るく気分良く喋れるトーンとテンションで言葉を発するように心がけましょう。

スタートから自分のペースを作れ、後の受け応えもリラックスできます。

 

まとめ

転職の面接に挑むにあたって全く緊張しない人はいないでしょう。過度な緊張を抑えて十分に普段の力を出せる心身の状態をつくることが大切です。

緊張をすることは必ずしも悪いことではないと受け入れ、万全の準備で面接に臨むことで、緊張からパニックに陥るような事態は防げるでしょう。

身体の状態も重要です。休息を設けて副交感神経の働きを促したり、ストレッチを取り入れたりといった方法を実践してみてください。

 

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。自分に自信を持つためにスキルや知識を身につけることも必要なこと。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。