今さら聞けない!Xcodeをインストールする方法【iOSアプリの統合開発環境】

iPhone(iOS)アプリの開発で使う、Xcode(エックスコード)のインストール方法を初心者向けに解説した記事です。XcodeはiOSアプリの統合開発環境で、無償でインストール可能です。開発をはじめる前にご覧ください。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

iPhone(iOS)用のネイティブアプリを開発するにはXcodeが必要です。

しかし、Xcodeのインストール方法や開発環境の構築方法を知らなければ、iOS用アプリを開発できません。

今回は初心者向けにXcodeをインストールして、プロジェクトを作成、シミュレーターの起動までご説明します。

 

目次

 

(エックスコード)とは

Xcodeとは、iOS/Mac OS用アプリの統合開発環境です。

iPhoneやiPad向けのアプリは、Xcodeの環境から開発できます。

 

Xcodeは、Apple社がAppStoreで無償配布しています。

WindowsのPCではインストールができないので注意しましょう。

また、実機の利用や、AppStoreでアプリ配布をするには、別途デベロッパプログラム(年間11,800円)に登録する必要があるので注意しましょう。

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Xcodeで開発できるアプリケーション

Xcodeは、Apple社が提供しているアプリケーション開発ソフトウェアです。

そのため、Xcodeで開発できるアプリケーションは以下のOSで動作します。

  • iOS(iPhone、iPad)
  • macOS (iMac、Macbook)
  • watchOS(Apple Watch)
  • tvOS(Apple TV)

上記OSで動作しているものであれば、基本的にすべてのアプリケーションを開発できます。

 

Xcodeのインストール方法

まずは、Xcodeのダウンロードページにアクセスします。  画面を開くと「App Store.appを開きますか?」という確認が表示されるので「App Store.appを開く」をクリックします。

もちろん、直接、Mac App Storeから検索してインストールすることも可能です。

 

 

そのまま「入手」のボタンをクリックし、続けて表示される「」のボタンをクリックします。

インストールには数分かかりますので、時間の余裕があるときにインストールしましょう。

 

インストールが完了すると、自分のPCのアプリケーションにXcodeが追加されるので、起動してみます。

このように表示されたらインストール完了です。

 

プロジェクトの作成

Xcodeのインストールが完了したら、早速プロジェクトを作成してみましょう。

「Create a new Xcode project」をクリックするとこのような画面が表示されます。

iOSアプリを作る場合は、左上にあるiOSのApplicationを選びます。

今回は、「App」を選択して、次に進みます。

 

次にプロジェクト情報の設定を行います。

Product Nameには開発するアプリ名、Organization Identifierには、個人的な練習アプリを作る場合は「edu.self」などと入力しておくと良いでしょう。

Interfaceは「Storyboard」を選択します。

最後に「Next」をクリックするとプロジェクトが保存できます。

これでプロジェクトが作成できました。

 

シミュレーターの表示

最後に、簡単な画面を作ってシミュレーターで表示してみます。

画面が遷移するだけのアプリなら、コーディングなしですぐに作れます。

Xcodeの左に表示される「Main.storyboard」をクリックします。

 

画面上部のメニューバーから、View > Show Library を選択します。

 

表示されたオブジェクトライブラリの「Button」をドラッグ&ドロップするだけでボタンを設定できます。

今回はXcodeのインストールがメインですので、細かい説明はしませんが、ボタンの色やテキストを変えれます。

 

ここまでできたら、左上にあるボタンをクリックしてみましょう。

なお、ボタンの横に表示されているところから、デバイスを変えれます。

 

するとシミュレーターが表示され、先ほど作成したアプリがシミュレーター内で表示されます。

ここでアプリをクリックすると、作成したアプリが表示され、画面遷移などを確認できます。

iPhone実機でも確認できますが、手軽に確認したい場合は、シミュレーターを使用すると良いでしょう。

 

Xcodeの学習方法

Xcodeのインタフェースはすべて英語で、日本語対応していません。

しかし、最初はとっつきにくい部分もあるかもしれませんが、今やiPhoneアプリの開発者は非常に多くなっており、参考となるWebサイトや書籍も多数存在するため、英語がわからなくて困る、といったことはほとんどありません。

また他のソフトウェアについても同じことが言えますが、まずはインストールして使ってみることが一番の学習になります。

その後、わからないことが出てきたらWebサイトで検索したり、参考書をめくってみるといった学習をおすすめします。

ただし、Webサイトのなかには古い情報もあり、Xcodeのスクリーンショットが現状と合っていないページもあるので注意が必要です。

 

学習サイト

iPhoneアプリ開発やXcodに対して興味・関心を持つ人におすすめの学習サイトを3つ紹介します。

  • iPhoneアプリ開発
  • Qiita
  • Xcode documentation

それでは見ていきましょう。

 

iPhoneアプリ開発

こちらのサイトは比較的新しいバージョンのXcode+Swift(iOSアプリ開発のプログラミング言語)を用いて記事が作成されており、非常に参考になります。

iPhoneアプリ開発

 

Qiita

全国のプログラマが技術情報を共有するサイトです。

開発したアプリが思い通りに動かない、そもそもエラーが出てしまう、などハマりやすいトラブルについて記載されていることが多く役立ちます。

Qiita

 

Apple Developer Xcode Documentation

公式ドキュメント(英語)です。Xcodeでプログラミングを行うには公式ドキュメントは欠かせません。

全て英語ですがチュートリアルなども用意されており内容はとても充実しています。

翻訳ソフトを使いながら読み進めていくと良いでしょう。

Xcode Documentation

 

参考書籍

先ほどは、画面の作成をStoryboardで簡単に行いました。

Storyboardは現在多くの開発の現場で使用されていますが、徐々にSwiftUIという機能を使っての画面作成に移行が進んでいます。

よってこれからXcodeでのiPhoneアプリ開発を行うのであれば、SwiftUIを学ぶのが良いでしょう。

以降の書籍は、2021年3月現在において最新のバージョンに対応しており、また新しいバージョンが出た際には改訂されているため、その時点での最新版の書籍を購入することをおすすめします。

 

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版


iPhoneのアプリ開発の入門書として超定番です。

開発をはじめるために必要な内容がとても丁寧に説明されており、最初の1冊はこれをおすすめします。

 

詳細! SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート[2020] iOS 14+Xcode 12対応

最新のXcode12とSwiftUIに対応した入門書です。

アプリ開発に関する事項が幅広く簡潔に網羅されています。

タイトルにもあるようにSwiftUIの内容が充実しており、本書で開発に必要な知識をカバーできます。

 

SwiftUI 徹底入門

SwiftUIについて詳細に記述されています。

難易度は上記の2冊と比較するとやや高めです。少し理解が進んでから2冊目以降に購入すると良いでしょう。

 

今回の記事は以上です。問題なくインストールできましたか?

Xcodeのショートカットキーを紹介する記事もあるので、インストールが完了したら使ってみてください。

ぜひ、いろんなアプリを作ってみてください!

 

執筆してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)
ITベンチャー企業のPM兼エンジニア普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。