【シチュエーション別】女性が持つ仕事の悩みとその解決方法

様々な女性特有のシーンに分けて多くの女性が悩む問題とその解決法についてまとめています。女性は仕事だけでなく様々なところで悩んだり考えるポイントがあります。女性は何で悩んでどうやって解決しているのか、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

働く女性多くは何かしらの悩みを抱えており、その悩みは男性が抱える悩みとはジャンルが違い、女性特有のものであるケースも。

そのため、職場に同姓の同僚がいなかったり先輩がいなかったりした場合、悩みの解決も遅れたり解決できなかったりすることもあるでしょう。

そこで、ここでは働く女性が持つ仕事の悩みとその解決方法について紹介していきます。

 

なお、本記事は、TechAcademyのカリキュラムや転職支援の実績をもとに執筆しています。

 

家庭との両立についての悩み

働く女性の多くが直面する問題として、結婚することによる「仕事と家庭との両立」についての悩みが挙げられます。

結婚直後は住居の変化に伴う通勤時間の変化や生活環境の変化が必ず起こります。

例えば、今まで1人でしてきた洗濯や料理などの家事を考えても単純に結婚相手を含めて2人分となり、倍の仕事量。

食事も1人のときと違ってコンビニなどの簡単なもので済ませられなかったりと、勤務後も時間をとられることが多くなり、現実的に考えて続けていけるか悩みの種となっています。

 

解決方法

解決方法としては「パートナーに頼る」です。結婚前でしたらあらかじめ結婚後の生活やお互いの現状のライフサイクルを確認し合い、「仕事と家庭の両立を2人で目指す」ようにする必要があります。

仕事と家庭の両立には協力が必要不可欠であり、今では理解しあって家事に協力的な夫のいる家庭もたくさんある時代。仕事への情熱や生活レベルが豊かになることを説明してパートナーに頼って協力していくようにしましょう。

他の解決方法としては「働き方を変化させながら両立していく」があります。一度退職して仕事環境から離れてしまうとコミュニケーション能力が下がったりといった「再就職に不利」な状況になってしまうことがあります。

したがって、今働いている企業で正社員から契約社員などに雇用形態を変更できるなら働き方を変え、雇用形態に拘らない対応が重要。無理だからといってゼロにするのではなく、将来時間を自由にできるようになったときのためにフルタイムに復帰しやすくしておくことが肝心です。

 

キャリアについての悩み

結婚などのプライベートにかかわらず、長く仕事を続けていきたいと考えている女性は「キャリアを重ねていけるか」という悩みを抱えています。

現在働いている仕事が経験を活かして飛躍していける仕事なのか、自分が思い描くキャリアの門が開かれているかなどが不安のひとつとしてあげられるでしょう。

つまり、例えば営業職から企画職、そして管理職などへの「キャリアパス」があるのかどうかが重要であり、悩みや不安を抱える原因となっているのです。

職場において限定的な仕事をしている女性にとっては大きな悩みであり、悩みを抱えている間に時間を消費してしまったりあきらめてしまったりすることもあります。

 

解決方法

キャリアパスに関しては、勤めている企業に実例があるか調べることから始めます。

例えば営業受付として電話対応という限定的な仕事をしていた場合、売上げデータの処理をしていて商品の流れに興味を持ち、企画に携わりたいと考えたとします。

そんな時、営業職や企画職への異動の実例があるのかないのかで、自身の目指すキャリアの門が開かれているかを知ることができます。

もし開かれていないとしたら経験を活かしてキャリアアップできる企業に転職を目指すことも可能です。営業職をしていれば憧れのIT業界への営業職、そして企画職へのステップアップも可能ですので、自身のキャリアについて広い視野で考えることが重要です。

 

[PR]女性でも安心して始められるプログラミングスクール

人間関係の悩み

どの職場でも起こりうる悩みが「人間関係について」の悩みです。所属部署やチームの人間とうまくいっていなかったり、上司のパワハラやセクハラを受けていたりと悩みの種はつきません。

女性の転職@typeの2016年の調査によると、人間関係で悩んだことがあると回答した女性は83.1%、そのうち転職を考えたことがある人は47.5%という結果になっています。

このデータからもわかりますが、女性の転職・退職の理由は人間関係が1番多いのが現状。

人間関係の悩みの相手としては「上司」との回答が多いですが、男女別に見ると「上司」以外の「同僚」や「先輩」、「後輩」では相手が女性との人間関係で悩んでいるようで、男性の3~4倍も回答が上回っています。

つまり、安心して悩みを相談できる同姓の相手がいないという現実もあり悩みが深刻化することもあるということなのです。

 

解決方法

人間関係を解決するのはとても難しい問題。それは、「他人を変えることは簡単なことではない」からであり、その対応が更なる反感を招く恐れもあるからです。まずは自分に悪いところが無かったか振り返り、自分を変える大人な対応をしましょう。

無視や冷たい態度をとらないで平常心で対応し解決を試みます。

それでもなかなか解決に至らないことが多いでしょうから、その場合は無理に付き合わないで普段通りに仕事をし、自分の仕事やキャリアを優先するのが無難です。

無理に付き合うことで無駄なストレスを貯めてしまっていることもあります。信頼できる人がいれば男女問わず相談してみるのもOK。

しかし、度が過ぎていて受け流せない場合があるかもしれません。その場合は精神的負担を軽減する意味でも「不満はぶつける」が良い解決となることもあります。

1番重要なのは「無理をしない」、「余計な負担がかからない」ようにすることです。

 

まとめ

女性が抱える仕事での悩みは、結婚などによるプライベートが原因となる悩みやキャリア志向による不安からくる悩み、そして職場内での女性同士の人間関係などの女性特有の悩みが存在します。

精神的負担や不安の解消のためにも悩みの早期解決に着手しなければ体調にも影響してくる重大な問題です。ストレスフリーになるためにも悩みを抱えた瞬間に解決方法を探してみましょう。

 

また、TechAcademyでは、女性向けにプログラミングを学び、無料で転職支援も受けられるオンラインブートキャンプを開催しています。

時間や場所にとらわれず働きたいと考えている女性はぜひご覧ください。