新しい資金調達の方法!ICO(クラウドセール)とは【仮想通貨業界で話題】

仮想通貨を持っている人で興味がある人も多い「ICO(イニシャルコインオファリング)」とは何なのか解説しています。仮想通貨を使って資金調達を行う今までに無いお金の集め方をすることができます。ICOにもメリットデメリットがあるので、ぜひ知っておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、ICOについて解説します。

今までにない資金調達の方法として話題になり2017年には様々なICOプロジェクトが生まれました。仮想通貨を持っている人は気軽に投資家として参加することもできるので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのブロックチェーンオンライン講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回はICOについて紹介しようか。

大石ゆかり

田島メンター!ICOというのは何ですか〜?

田島悠介

Initial Coin Offeringの略で、仮想通貨を使った資金調達方法のひとつなんだ。実際にどのような流れで行われるのか見てみるよ。

大石ゆかり

お願いします!

 

ICOとは

ICOとは、Initial Coin Offeringの略称で、日本語で言えば、新規仮想通貨公開と言います。

簡単に言えば、仮想通貨に対して株式公開のような形で、資金を募る事です。

調達方法は、各企業が独自の仮想通貨(トークン)を販売し、仮想通貨によりトークンを購入できるという点にあります。

 

ICOで資金調達する意味

これまでの資金調達の方法としては、難易度が高い順に並べると次のようになります。

  • 証券取引所に上場(IPO)することで、資金調達する
  • 銀行や法人・個人から資金を借りる
  • クラウドファンディングで資金調達する

IPOできれば、数億円単位で資金調達することが可能ですが、上場するために厳重な審査が必要で、そもそも上場すること自体のハードルが非常に高いです。

上場する前の資金調達を行う方法として、VC(ベンチャーキャピタル)から投資を受けることも可能ですが、当然企業として価値がないと資金調達することも難しいでしょう。

資金を借りる場合は、相手との関係により難易度が低くなりますが、借入の為、返済する必要があります。

クラウドファンディングでは、他の方法に比べると準備も少なく、返済も不要ですが、調達できる資金額が少ないです。

 

[PR]ブロックチェーンで挫折しない学習方法を動画で公開中

ICOで資金調達する側のメリット

これに対してICOはクラウドファンディングで資金調達するレベルの難易度の低さでありながら、IPOするレベルの大きな金額の資金調達も可能になります。

また、ICOは仮想通貨を通じて、短期間に、世界中の投資家から直接資金調達を行うことができ、返済不要です。

また、開発するサービスで利用できるトークンを発行するため投資家たちがそのままユーザーになることができます。すでにユーザーを抱えているような状態でプロジェクトを開始することができます。

IPOして得られるくらいの金額をICOでは数分で調達することも可能です。当然プロジェクトや企業としての価値がある前提ではありますが、資金調達するハードルは非常に低くなっています。

 

ICOで投資する側のメリット

投資家としてのメリットもこれまでの資金調達方法に比べ大きいです。

キャピタルゲイン

ビットコインのように初期価格の100円が2万4千倍の240万円になることがあります。

億万長者になることも可能です。

 

リスク分散

小規模から多種多様な企業・プロジェクトに投資可能です。

 

サービス特典

クラウドファンディングでも観られる手法ですが、一定額投資した場合に投資先企業が提供するサービスを無料で受けることができる場合があります。

 

田島悠介

同じく資金を調達する、他のいくつかの方法と比べてみよう。

大石ゆかり

ICOは比較的始めやすく、かつ大規模な資金調達の可能性を持っているんですね。

田島悠介

次に、実際にICOを利用したサービスの例を紹介するよ。

 

ICOの成功例

Ethereum

アルトコインのEthereumを発行しており、スマートコントラクトという技術を使用しています。

2014年に発行されましたが、現在では仮想通貨のシェア2位の規模を誇ります。

アルトコインについて詳しく解説した記事も参考にしてみてください。

スマートコントラクトについて詳しく解説した記事も参考にしてみてください。

Ethereum

 

Aragon

企業内の管理業務を分散型管理にするサービスを提供しています。

15分で2500万ドルを調達しました。

Aragon

 

Brave

新しいブラウザを開発している企業です。

2017年6月に30秒で3500万ドルを調達しました。

Brave

 

今回は、ICOについて解説しました。

 

田島悠介

それぞれの公式サイトへのリンクを貼っておいたので見てみよう。

大石ゆかり

日本でもこういった事例があるんですか?

田島悠介

国内でもICOを活用している例はあるよ。気になるものがあったら、ぜひ調べてみよう。

大石ゆかり

そうですね、新しいものがないか色々見てみたいです。ありがとうございました!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、ブロックチェーンオンライン講座を開催しています。

ブロックチェーン技術の仕組みを理解し、実際に分散型アプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。