WordPressでカテゴリーを設定する方法【初心者向け】

WordPress(ワードプレス)で「カテゴリー」を設定する方法を紹介する初心者向けの記事です。カテゴリーは記事を分類化するために必要です。サイトやブログを見たユーザーに対して、どんな情報があるのかを正確に伝えるために設定しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPress初心者向けに、これだけは覚えておきたいという基本操作を紹介する記事です。

今回は「カテゴリー」の設定方法を扱います。

 

カテゴリーを使えば、記事をカテゴリ化することができ、サイトやブログを見るユーザーにとってもわかりやすくなります。

WordPressでは自分で指定しなかった場合でも、必ず1つのカテゴリーに分類されます。それでも、きちんと分類することが大事ですのでやり方を覚えておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressの記事ごとに設定するカテゴリーってあると思うんですけど、どうやって使ったら良いんですか?

田島悠介

タグは「あらかじめカテゴリーを作成する方法」と「記事投稿の画面で作成する方法」の2種類あるんだ。どちらとも使うから、両方教えてあげるね!

大石ゆかり

はい、お願いします!!!

 

カテゴリーの作成方法

WordPressのカテゴリーの設定方法は2つあります。

  1. あらかじめカテゴリーを作成する方法
  2. 記事投稿の画面で作成する方法

1つずつ説明していきます。

 

あらかじめカテゴリーを作成する

この方法では、まずカテゴリーの設定画面を開きます。

ダッシュボード>投稿>カテゴリー
で開いてみましょう。
カテゴリー

 

カテゴリーの管理画面は、左側に追加エリア、右側にカテゴリーの一覧が表示されます。

カテゴリー表示

この画面から追加するには、追加エリアに希望のカテゴリー名などを入力します。

 

「スラッグ」とは、表示されるURLの一部です。

http://www.サイト名/スラッグ名/投稿ID

という部分に表示されるので、わかりやすいように設定しておくと良いでしょう。

 

入力が完了したら、「新規カテゴリーを追加」のボタンを押すと反映されます。
カテゴリー設定

 

このようにして追加したカテゴリーは、投稿記事の画面から選択することができます。
カテゴリー選択

 

記事投稿の画面で作成する

こちらの方法では、投稿画面の「カテゴリー一覧」の下にある「+新規カテゴリーの追加」というリンクをクリックします。

すると、カテゴリー名入力のテキストボックスが表示されるので、カテゴリ名を入力して「追加」ボタンを押します。

カテゴリー追加

 

 

ただし、この画面から追加するとスラッグ名の編集などができません。

後からカテゴリー編集画面から該当カテゴリーを選択して編集しておきましょう。
(編集方法は先ほど紹介した方法と同じです。)

カテゴリー編集

 

 

カテゴリーの階層化(親カテゴリーと子カテゴリー)

カテゴリーは階層化することができます。よりわかりやすくなるように、親子関係を作ってみましょう。

 

階層化とはこのようなイメージです。

[親カテゴリ]料理
-[小カテゴリ]和食
-[小カテゴリ]中華
-[小カテゴリ]洋食

 

やり方はとても簡単です。

先ほど紹介したどちらの方法でも、「親」を選ぶドロップダウンがあるので、カテゴリーを追加する際に親カテゴリーがある場合は選択します。

カテゴリー階層化
このドロップダウンは、作成済みのカテゴリーがだけが表示されるので、親カテゴリーはあらかじめ作成しておく必要があります。

 

カテゴリー設定の方法は以上です。

WordPressのタグの設定方法と同じく、基本中の基本ですのでおさえておきましょう。

 

大石ゆかり

カテゴリーで分類することで、記事が読みやすくなりました〜♪

田島悠介

そうだね。カテゴリーをきちんとつけることでサイト回遊率も格段に良くなるから、きちんとつけることが大事だね♪

大石ゆかり

そうだね。カテゴリーをきちんとつけることでサイト回遊率も格段に良くなるから、きちんとつけることが大事だね♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。