SassとLESSを扱う!CSSのプリプロセッサの使い方【初心者向け】

初心者向けにCSSのプリプロセッサの使い方について解説しています。CSSはコードの衝突が起こりやすく、変数や四則計算などが行えません。CSSプリプロセッサを使うことにより変数や四則計算などプログラミングに近い書き方をすることが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

CSSのプリプロセッサの使い方について解説します。CSSプリプロセッサでは、CSSにはない変数やネスト構造でのコーディング、また関数や四則演算も行うことが出来ます。

CSSについてそもそもよく分からないという方は、CSSの書き方について解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

CSSのプリプロセッサの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSSプリプロセッサとは

デフォルトのCSSでは今まで実現が不可能だった記述で、CSSをも効率良く記述するためのものです。

ただし、ブラウザでは使えません。

Sass、Less、色々な種類がありますが、これまでCSSで無駄な記述や一見難しく思われると思いますが「新しいCSSの拡張版」といったところでしょう。

 

主なプリプロフェッサの種類

Sass

Sassとは拡張子と「.scss」でCSSに変数や計算式を使ったプログラミング風の書き方を加えた.scsssを変換してCSSファイルを作成します。

「style.scss」のSassファイルを変換(コンパイル)すると「style.css」が作れます。

使用するにはrubyをインストールしなければいけません。

 

LESS

LESSとはSassと同様にLESSファイルを変換(コンパイル)するものです。

lessには変数という概念があるので演算ができたり、階層的な書き方もできます。

ただし「style.less」使用するにはnode.jsをインストールしないと、「style.css」が変換されません。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

LESSの場合の記述の仕方

 

HTML

<h1>こんにちわ</h1>
<h2>こんにちわ</h2>

 

style.css

h1 {
    font-size: 30px;
    font-color: blue;
}
h2 {
    font-size: 20px;
    font-color: blue;
}

この場合、色を赤に変えよう、全部赤にする場合はh1 h2を二つ変えたい場合、変数を使って下記のような記述にします。

 

style.less

@mycolor: blue;

h1 {
    font-size: 30px;
    font-color: @mycolor;
}
h2 {
    font-size: 20px;
    font-color: @mycolor;
}

 

この記事を監修してくれた方

大堀 翔一郎(おおほりしょういちろう)
IT商社にてコーポレートサイト、ブランドサイトのディレクター兼デザイナー兼コーダー。

大学卒業後、WEB制作会社にでデザイナーとして入社し大手企業のサイト制作やブランドサイトの制作に携わってきました。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。