JavaScriptで配列から重複を削除する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで配列から重複を削除する方法について解説しています。配列の値から重複を見つけるには、繰り返し文(ループ)で要素を1つずつ展開してチェックしていく方法や配列の全ての要素に処理を適用してくれるfilterメソッドを使用します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptで配列から重複を削除する方法について解説します。実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaSriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

配列から重複を削除する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

配列から重複を削除する方法

今回はJavaScriptで配列から重複を削除する方法について考えていきましょう。

配列から重複を削除する方法は様々考えられるのですが、JavaScriptではfilterメソッドとindexOfを用いると比較的簡単に実装ができます。

まずはこのfilterメソッドとindexOfメソッドについておさらいをしてみましょう。

 

filterメソッドとは

filterメソッドは下記のように書くことができます。

 

配列.filter(コールバック関数);

配列に対して、要素が順番にコールバック関数を呼び出し、戻り値として真が返された要素のみを返すのがfilterです。具体的には以下のように書けます。

配列.filter(function(順番に処理する配列の要素, 順番に処理する配列のインデックス, 配列自身){
  return ここの式が真なら対象の要素を返す、偽なら何も返さない。
});

 

indexOfメソッドとは

配列から任意の要素を検索し、その初めの要素のインデックスを取得するときにはindexOfメソッドを使います。以下のように書きます。

配列.indexOf(検索したい文字列);

 

実際に書いてみよう

上記のfilterメソッドとindexOfメソッドを使って配列から重複を削除してみましょう。filterとindexOfを使ってヒットした最初の要素のみを返すことで重複を削除する、という流れになります。

var array = [1,2,3,3,2,2,5,10,10,10];

array.filter(function (x, i, self) {
  return self.indexOf(x) === i;
});

console.log(b); // [ 1, 2, 3, 5, 10]

 

考え方が難しい重複削除ですが、強力なfilterメソッドを使いこなすことで、比較的楽に実装ができます。是非使いこなしてください。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

メンター小原さん

小学生のときからプログラミングで遊んでいる31歳。
大手企業、ベンチャー企業のCTOなどを経て、現在はフリーランスのエンジニア。主にC向けのWebメディアを複数持ち、広告収入で日雇いの如く暮らしている。

好きな言語:Ruby、Python、Go
好きなエディタ:emacs
好きなキーボード:Happy Hacking Keyboard 英語無刻印モデル

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

また、TechAcademyではJavaScriptを使ってWebサービスを公開できるオンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)を開催しています。

プログラミングの初心者でも受講可能です。Webサイトの表現の幅を広げたいという方はぜひご覧ください。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。