【印象アップにつながる】できる女性として見せるクールビズの着こなし

2005年から環境省が中心となって推進してきたクールビズ。最近ではすっかり定着してきましたが、男性のノージャケット、ノーネクタイという基本ルールに対して、女性のクールビズの場合は、どう着こなしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は、印象アップにつながる女性のクールビズの着こなしについて紹介します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

夏になると環境と働きやすさを考慮して、クールビズで仕事を始める人も多いでしょう。クールビズもだいぶ定着してきましたね。

しかし男性はクールビズのコーディネート例がたくさんあるものの、女性の例は少ないと思いませんか?たしかに普段からスーツでビシッと決めてる人が少ないのでわざわざ説明する必要がないと考えているのかしれません。

そこで今回は女性のクールビズについて解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

クールビズとは


クールビズとは、地球温暖化対策として環境省が推進する冷房温度の適正化とその温度に合わせた軽装の取り組みです。

クールビズは、冷房時の室温28度を目安にしていますが、これはあくまでも目安で、冷房の設定温度を28℃にするという意味ではありません。建物の状況や室内にいる人の体調などを考慮しながら、無理のない範囲での室温管理の取り組みと、それに合わせた軽装が呼びかけられています。

 

クールビスの期間

2005年から開始されたクールビズ。その実施期間は、毎年環境省から発表され、2016年からは5月1日から9月30日とされています。10月になっても暑い日がありますが、その場合にはクールビズ期間と同様の取り組みが推奨されています。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

コーディネートの例


男性のクールビズの基本はノーネクタイとノージャケットが基本。普段、スーツを着用している男性のクールビズの服装はわかりやすいですが、女性はどのような服装をしたらよいのでしょうか。普段スーツスタイルで働いている女性は、半袖や七分袖のシャツにパンツや短すぎないスカートを合わせるのがおすすめです。

吸水性や通気性、消臭性の高い素材で作られたクールビズ用のシャツなら、暑い夏でも快適です。清潔感や清涼感のある白のシャツは、グレーやネイビーのパンツやスカートとの相性がいいので、デザインの違うものを何枚か用意しておくとコーディネートの幅が広がります。

足元はパンプスが基本ですが、サンダルの場合はミュールは避けて、歩くときに音がしないようにバックストラップがついたサンダルがおすすめです。ただし、あまりカジュアル過ぎないデザインのものを選びましょう。

 

コーディネートの注意点

女性のクールビズの着こなしで気をつけたいポイントは、ラフ過ぎる恰好や露出度の高い服装を避けることです。特にチェックが必要なのは、素材の透け感です。薄手の生地ではインナーが透けて見えやすくなるので注意しましょう。

またスカートを履く場合には、ストッキング着用が基本です。スカートの丈も短すぎないものを選びましょう。

 

まとめ

最近、すっかり定着したクールビズ。男性のクールビズでの着こなしはノーネクタイにノージャケットが基本とわかりやすいですが、女性のクールビズとなると比較的自由度が高い分だけ、どうコーディネートしたらよいのか迷うものです。

女性のクルーズビズは、暑さに対応しながらもカジュアルやラフになり過ぎないようにするのが大切。特に露出が多いと下品印象を与えてしまうので、ビジネスの場であることを意識して印象アップにつながるクルーズスタイルを着こなしてください。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。