根回し上手かどうかで決まる!できるビジネスマンの仕事の進め方

ビジネスにおいて根回しは、円滑に仕事をすすめるうえで重要なスキルです。今回はビジネスにおける根回しの意味や効果、具体例などを書いていきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事をする上で重要なことに「根回しをする」というものがあります。一見ズル賢く聞こえますが、仕事を円滑に進めるためには必須のスキルになっていきます。

今回は根回しの重要性だけでなく具体例を交え解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

ビジネスにおける根回しとは

根回しとは、何か物事を始める際に、事前に周囲に連絡を取っておき、ある程度の了承を得ておくことをいいます。根回しが上手ということは、事前準備を怠らず、周囲と良い関係性を築くことができる証拠でもある為、仕事ができるイメージがつきます。

根回しを活用し円滑なビジネスをしていきましょう。

 

仕事の効率への影響

根回しを上手にすることで、ビジネスに良い影響が出ます。

例えば、どうしても自分の案を通したい案件があったとします。そのようなときに、決定権のある先輩や上司に、事前にプレゼン内容などを送っておきます。そうすることで、案に特別感が出て通る可能性も増えることでしょう。

このように、効率的に仕事をするためにも根回しは重要です。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

具体的な方法

根回しの具体的な方法を書いていきます。根回しはいろいろな場面で活用することができ、様々な効果を発揮します。ビジネスを円滑に行えるようにするためにも、根回しのやり方を覚えておきましょう。

 

相手に特別感を与えることができる

メールの内容に「〇〇さんには先にお伝えしておきたくて」「どうしても伝えておきたいことがございまして」などと書くことで、送る相手だけに特別感を与えることができます。そうすることで信頼関係も生まれ仕事が円滑になることもあります。

 

デメリットや問題点をあらかじめカバーしておける

自分のアイディアには弱点や問題点なども出てくるかと思います。そうなったときに事前に根回しをしておくことであらかじめカバーしておくことができます。そのためにも自分の案の良い点と悪い点をしっかりと理解しておく必要があります。

 

まとめ

根回しが上手になることで、効率的にビジネスを行うことができます。根回しには事前準備をしっかりできているということや、未来を予測できるということが大切です。また、それに併せて周囲とのコミュニケーションをとれる関係性を築けていることも必要なことです。

このように根回しが上手になるためには様々なスキルが必要になってきますが、ビジネスを円滑にし、仕事ができるビジネスマンのイメージを持ってもらうためにはなくてはならないものです。そのためにもまずは行動あるのみですので、挑戦していきましょう。

また、事前に特定の相手にメールなどを送る場合は、相手に失礼のないような文面にしなければ逆効果になってしまう可能性もありますので、表現や送るタイミングなども気を付けてみましょう。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。