デザイン思考とは?実務で使える思考を手に入れるトレーニングも紹介

近年は様々な思考方法が話題となっており、その中の1つにデザイン思考という考え方があります。ビジネスの場において注目度が高まっている考え方です。この記事ではデザイン思考について知りたい人のために、概要や特徴を解説します。合わせてデザイン思考を鍛えるトレーニング方法も紹介しますので参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

みなさんは「デザイン思考」という言葉を聞いたことはありますか?一見デザイナーが使う考え方のように思われますが、実はこれまでに全くないサービスや問題を解決するのに使われるフレームワークです。

これを正しく理解することで、より社会的に価値のあるサービスを作ることが可能になります。今回はデザイン思考を、具体例を交え解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

デザイン思考とは


デザイン思考とは、「ビジネスにおける前例のない問題や未知の問題に対して、ふさわしい解決を図るための思考」のことです。

デザイナーがデザインをおこなうときの思考方法を活用したものですが、現在ではビジネスのあらゆる分野で必要な考え方であると考えられるようになりました。

デザイン思考では、「常にユーザー目線」「プロトタイプを元に何回も試作を行う」「1つのアイデアに縛られない」といったマインドが基本となっています。このようなマインドを元に、

  1. 共感
  2. 問題提起
  3. アイデアの創出
  4. 試作
  5. テスト

という5段階で検証を進めます。

 

ビジネスにおけるデザイン思考

現代のビジネスは、変化の質や大きさやこれから起こる出来事への予測がつきにくい、原因が複雑である、関係性があいまいであるといった特徴を持っています。

このような時代の到来により、人々のニーズをスピーディーに満たすことができる分析方法を求められるようになりました。

また、AIの台頭などにより、市場と社会構造の大幅な変化があると予測されています。今後は自ら課題を創出しなければビジネスチャンスが到来しない時代となるでしょう。

こうした背景にマッチするのがデザイン思考です。デザイン思考はユーザー中心であるためニーズをスピーディーに分析することができますし、イノベーション創出にも長けています。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

デザイン思考の活用例


具体的には以下のようなビジネスシーンでデザイン思考は役立ちます。

 

新商品の開発

これまでにない、新たな商品を開発しようとするときには特にデザイン思考が有効です。価値観やニーズが多様化し、物質的に飽和状態である現代では、ユーザー目線で考えるデザイン思考が非常によくマッチします。

デザイン思考で新商品を開発した例としては、iPod、任天堂Wiiなどがあり、これらはいずれも大ヒットとなりました。

 

組織課題のあぶり出し

組織の課題をあぶり出す際にも、デザイン思考は役立ちます。今の状況ありきで考えるのではなく、どういう状況が理想の組織かという観点で考えることにより、本当の課題があぶり出されやすくなります。

 

人材育成

人材育成の中でも、特にデザイン思考となじみがよいのがイノベーション人材の育成。組織に革命を起こす人材を育成するためには、組織の利益を超えたユーザーの利益を想像できる人材を育成する必要があり、デザイン思考的な考え方が欠かせません。

 

デザイン思考を鍛えるトレーニング方法

デザイン思考をするにはトレーニングが必要です。思考方法がわかっていても、トレーニングしていない状態ではうまくいきません。トレーニングの方法を2つ紹介します。

人前でアウトプットする

デザイン思考はいかに多くのアイデアを出すかが1つのポイントとなります。多くのアイデアを出すためには人前でアウトプットできるようになっていることが不可欠。特に日本人は、人前でのアウトプットを苦手とする人が多いです。

日ごろからアウトプットする癖をつけましょう。デザイン思考専門のワークショップに参加するのもおすすめです。

 

当たり前を疑う

当たり前に見えることは当たり前ではない、と気づくことがデザイン思考の第一歩です。常識や固定観念にとらわれていないか、日ごろから考える癖をつけましょう。

誰もが見逃している問題に気づくためには、近くで見ること、視野を広げること、若く考えることが有効です。

 

まとめ

この記事では、

  • デザイン思考とはユーザー目線の新しい思考方法である
  • 現代のビジネス情勢にデザイン思考は重要な意味を持つ
  • 新商品の開発などにデザイン思考は役立つ
  • デザイン思考をするためにはトレーニングが必要

などの点について解説しました。

デザイン思考という思考方法は、今後ますます重要性を増していくでしょう。しかしデザイン思考を行うためには日ごろのトレーニングが欠かせません。

ビジネスパーソンとして有用な人材になるためにも、デザイン思考を意識してみてはいかがでしょうか。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。