できるビジネスマンの視野の広げ方!具体例をもとにポイントを解説

ビジネスシーンで活躍している人は、みんな広い視野を持っています。そのため「視野の広げ方を知って、柔軟な人になりたい」と思う人も増えています。 そこで今回は、「視野が広い・狭いとはは何か」を徹底解説。 視野が広いということは大きなメリットがあるので、視野の広げ方を知っておけば、社会人生活が有利になります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事をする上で視野や興味関心の広さは、非常に重要な要素の1つです。例えば新規の企画や事業の開発だけでなく、取引先との会話など様々な場面で役に立ちます。

今回はビジネスにおいての視野の広げ方を、具体例を交え解説していきます。

 

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

 

視野が広い・狭いとは


「視野が広い」とは、自分の目に見えている範囲が広いことです。これまでの経験や知識を生かして、物事を色々な角度から考え、状況に応じて対応できることを意味します。

「視野が狭い」とは、目の前のことしか見えておらず、周囲や全体が見渡せないこと。視野が狭い人は、目の前のことに執着しているため、臨機応変に行動できません。

 

視野が広いことのメリット

視野が広いと、仕事において以下のようなメリットがあります。

  • 人の忠告を素直に聞くことができる

目の前のことに執着していないので、柔軟に対応することができ、上司の評価に繋がります。

  • 自分の意見以外にも理解を示すことができる

「自分の考え方が絶対正しいわけではない」ということを知っているので、会議の場でも建設的な話し合いができます。

  • 新しいことを試すのに抵抗がない

斬新なプロジェクトや、経験したことがないことに対しても、抵抗なく取り組めるので、重要な仕事を任されやすくなります。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

視野を広げる方法


視野を広げるには、日頃から意識して行動することが大切です。視野を広げる2つの方法を紹介します。

 

旅に出掛けて、さまざまな価値観を知る

地域や国が違うと、人々の価値観も変わります。自分とは違う生活や価値観を目の当たりにすることで、「世の中には知らないことがたくさんあるんだ!」と、視野が広がります。

 

知識を増やす

本を読んだり、セミナーに参加するなどして、自分の知識を増やすと視野が広がります。

 

まとめ

社会人にとって、視野が広いということは大きな強みになります。自分の考え方に固執せず、全体を見回すことができる視野の広さは、ビジネスシーンには必要なスキル。上司の忠告を素直に受け入れたり、新しいプロジェクトにも抵抗なく参加できれば、評価アップも狙えます。

もしも今「視野が狭いかも。もっと広げたい!」と思うのであれば、休日や本を読んで知識を増やしたり、旅に出掛けて色んな人と関わると、視野を広げることができます。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。