ファシリテーションとは?基本的なスキルと身につけ方を解説

会議のときになくてはならない存在がファシリテーターです。この記事では、ファシリテーションとは何か、具体的な役割を交えながら徹底解説します。また、ファシリテーターの基本的スキルや、おすすめの本も紹介します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

会議などで必要とされる役割にファシリテーターというものがあります。これはファシリテーションをする人という意味です。

ファシリテーターがいることで方向性がズレがちな会議の進行を修正し、意味のあるものとすることができます。

今回はファシリテーションについて解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

ファシリテーションとは


ファシリテーションとは、メンバーが容易に活動できるように支援し、スムーズに進行できるよう導くこと。集団で問題解決したり、アイデアを生み出したりなど、さまざまな分野で知識的、創造的な活動を助けて促進していくという意味があります。

 

ファシリテーターの具体的な役割の例

ファシリテーターとは、人々の活動を支援する進行役のこと。特に、会議や話し合いの場面で重要な役割を担います。

 

会議の場を設定する

ファシリテーターは、参加者の誰もが納得する会議の場を作る必要があります。会議の目的を明確にして参加者を決めるのが、ファシリテーターの仕事です。また、会場や日時を決めたり、会議のルールを決めることも重要な役割です。

 

参加者の発言を促す

会議の場では、ファシリテーターは参加者の意見を引き出し、会議を有意義に進行させる任務があります。
ファシリテーター自ら参加者の意見に耳を傾け、理解し、得た情報を参加者に分かりやすくまとめて共有します。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

ファシリテーターに向いている人


ファシリテーターに向いている人の基本的なスキルは、以下の4点が挙げられます。

  • 場をつくるスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 参加者の意見をまとめるスキル
  • 意見を共有するスキル

コミュニケーション能力が高く、人の意見をまとめるのが得意な人は、ファシリテーターに向いています。

 

ファシリテーションを身につける本

ファシリテーションの基本的なスキルを身につけたいときは、本を読むのが近道です。

 

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ

ファシリテーターの思考プロセスの作り方と、今すぐ実践できるノウハウも解説されています。

 

会議の生産性を高める 実践 パワーファシリテーション

現場に役立つ、ムダを省いたファシリテーションスキルが集約されています。

 

まとめ

ファシリテーションとは、みんなの意見をまとめ、活動を促進する進行役のようなもの。会議の場を設定したり、参加者の発言を促すなど、さまざまな役割があります。

コミュニケーション能力が高い人や、他者と意見を共有することが得意な人は、基本的なファシリテーションスキルが備わっていると言えます。ファシリテーションスキルをアップさせたい人は、専門書を読んでファシリテーションの基本やノウハウを勉強するのがおすすめです。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。