HTMLのinput要素とrequired属性の使い方を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLのinput要素とrequired属性の使い方について解説しています。フォームの項目にrequired属性を追加することで、その項目を入力必須にすることができます。required属性の書き方と実行結果を、実際に動作させて確認してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLのinput要素とrequired属性の使い方について解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方 の記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

input要素とrequired属性の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

input要素のrequired属性とは

input要素のrequired属性は、その入力項目が必須属性であることをブラウザに知らせることができます。
HTML5では、required属性を設定するだけでJavaScriptによる入力チェックがなくてもエラーメッセージを表示させることが可能です。以下のフォームに何も入力せずに、送信ボタンを押してみてください。

「このフィールドを入力してください」や「このフィールドは必須項目です」といったメッセージが表示されたかと思います。ブラウザによってメッセージは違いますが、簡単な入力チェックがhtmlだけで実装できるのがrequired属性です。

 

input要素のrequired属性の書き方

input要素のrequired属性の書き方は以下の通りです。

<input type="text" required>
  <input type="text" required="required">

requiredという属性を追加することで実装できます。

これはinput要素のtypeがtext以外の場合も利用できます。例えば、checkboxやradioであればチェックが付いていない場合にエラーメッセージを表示できます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。いくつかrequiredをつけたinput要素を書いてみます。

1. type=textの場合

<form action=''>
  <input type='text'required>
  <input type="submit" value="送信">
</form>

2. type=checkboxの場合

check it!
<form action=''>
  <input type='checkbox' required>
  <input type="submit" value="送信">
</form>

以上で解説を終わります。

 

監修してくれたメンター

メンター金成さん

2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。

未経験ながら、社内システム保守~新規受注システム開発まで携わり、JavaScript Ruby on Rails PostgreSQLなどの経験を積む。現在も、開発案件に携わりながら、日々勉強中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。