Pythonによるリストからインデックスを取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonによるリストからインデックスを取得する方法について現役エンジニアが解説しています。リストとは配列のことで、インデックスとはリストの値が何番目に格納されているかを示す値です。enumerate関数を使ってインデックスと値を取得する方法を解説しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonによるリストからインデックスを取得する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonによるリストからインデックスを取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPytonでリストからインデックスの値を取得する方法について解説します
インデックスとはリストの値が何番目に格納されているかを示す値です。

繰り返し処理の中でインデックスを使って処理をする際にどのようにすればインデックスを取得できるのかを解説しています。

len関数によるインデックス取得

len関数は引数の配列の長さを取得する関数です。

len関数とrange関数を組み合わせることで以下のようにしてインデックスを取得できます。

for index in range(len(配列)):
  print("インデックス:" + str(index) + " 値:" + 配列[index])

変数indexにインデックスが入っていきます。値を取り出すときは配列[index]で取り出すことができます。

enumerate関数によるインデックス取得

次にenumerate関数を使ってインデックスを取得する方法です。

先ほどのlen関数とrange関数を組み合わせた場合、値を取り出すときに配列[インデックス]と書かないと取得できませんでした。しかし、enumerate関数を使うとインデックスと同時に値も取得できます。

enumerate関数は以下の形式で使うことができます

for index, value in enumerate(配列):
  print("インデックス:" + str(index) + " 値:" + value)

配列[インデックス]と書かなくてもインデックスと同時に値を直接取り出すことができ、先ほどよりもスッキリ書くことができました。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

それぞれの関数でリストからインデックス取得してみよう

それぞれのパターンを使ってインデックスを取得してみましょう。

まずはlen関数とrange関数を使ってのパターンです。

プログラムソースコード1

l = ["バナナ", "イチゴ", "スイカ", "メロン"]
for index in range(len(l)):
  if index % 2 is 0:
    print("インデックス:" + str(index) + " 値:" + l[index])

 

表示結果1

インデックス:0 値:バナナ
インデックス:2 値:スイカ

解説1

len関数とrange関数を組み合わせたパターンです。2行目の変数indexに配列のインデックス番号が格納されていきます。

3行目では格納したインデックスを使って2で割り切れる値、つまり偶数の場合表示させる処理を書いています。4行目では偶数の時のインデックスと値を表示させています。値は配列[インデックス]で取得しています。

では次にenumerate関数を使ってのパターンを見ていきましょう。

プログラムソースコード2

l = ["バナナ", "イチゴ", "スイカ", "メロン"]
for index, value in enumerate(l):
  if index % 2 is 0:
    print("インデックス:" + str(index) + " 値:" + value)

 

表示結果2

インデックス:0 値:バナナ
インデックス:2 値:スイカ

解説2

enumerate関数を使ったパターンです。
2行目の変数indexに配列のインデックス番号が、valueに値が格納されていきます。

3行目では格納したインデックスを使って2で割り切れる値、つまり偶数の場合表示させる処理を書いています。4行目では偶数の時のインデックスと値を表示させています。値はvalueで取得しています。

以上Pythonでリストからインデックスを取得する方法を解説しました。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているのでぜひ参加してみてください。