HTMLでbuttonタグを使ってリンクを貼る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLでbuttonタグを使ってリンクを貼る方法について解説しています。buttonタグを使うと、クリックで動作するボタンを作成することができます。基本の書き方を学びましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

本記事では、HTMLでbuttonタグを使ってリンクを貼る方法についてご紹介します。

  • HTMLでボタンを作りたい方
  • ボタンを作るためにbuttonタグとaタグとinputタグで迷っている方
1時間でできる無料体験!

この記事を読むと、迷わずボタンを作れるようになりますよ。

HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

目次

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

buttonタグを使ってリンクを貼る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

buttonタグとは

buttonタグとはHTML要素の1つでクリックできるボタンをつくるものです。

タグは以下のように記述します。

<button>ボタン</button>

buttonタグの属性などについては、詳しくは以下のページも参考にしてください。

<button>:ボタン要素(MDN)

 

buttonタグを使ってボタンの見た目ができたら、リンクの動きを設定していきます。

<button type=“button” onclick="location.href='https://techacademy.jp/magazine/'">ページリンク</button>

onclick属性という、クリックしたときの動きをJavaScriptで指定する属性を使いましょう。

 

上記例では、onclick属性にこのような値を設定しています。

location.href='https://techacademy.jp/magazine/'

JavaScriptでは、location.href=’ URL ‘ とすることで、URLへページ遷移する動きになります。

 

これで、buttonタグでページリンクができました。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

類似するタグ

buttonタグに類似するタグとしては、aタグやinputタグなどがあります。

どれもボタンとしての見た目や機能を作ることができますが、違いがあります。

簡単にまとめてみました。

カスタマイズしやすさ フォームボタン機能 リンク
buttonタグ

カスタマイズ可能

フォームボタンとして

利用可

JavaScript

aタグ

簡単にカスタマイズ可能

×

フォームボタンとして

利用不可

href属性

inputタグ ×

カスタマイズ不可能

フォームボタンとして

利用可

JavaScript

 

buttonタグとaタグは、CSSでデザインをカスタマイズすることができますが、inputタグはできません。

buttonタグとinputタグは、フォームのボタンとして使うことができますが、aタグは使えません。

 

詳しく解説していきます。

 

aタグ(アンカー要素)

クリックすると指定先に遷移します。

<a href="https://techacademy.jp/magazine/">Techacademyマガジン</a>

<a>:アンカー要素(MDN)

 

CSSを適用して、下線を消したり色をつけたり影をつけたりすると、ボタンのような見た目になります。

 

aタグをボタンとして使えない、と誤解されている方もいらっしゃいますが、そんなことはありませんよ。

HTMLの規定を定めるW3Cの仕様には、aタグの中にインタラクティブコンテンツを入れてはいけないと定められています。

buttonタグもインタラクティブコンテンツに含まれるので、aタグでボタンは作ってはいけないと誤訳してしまったんですね。

 

aタグの子要素にbuttonタグを入れてボタンを作ってはいけません、というのが正確です。

aタグに対して、CSSでボタンのような見た目を作り、ボタンとして使うことは問題ないですよ。

 

本記事のテーマである「リンクを貼る」動きは問題ありませんが、フォームボタンの機能は持ち合わせていないので、注意してください。

 

inputタグ

ユーザーからデータを受け取るためのタグです。

typeに「button」を指定することでボタンを表現できます。

<input type="button" value="ボタン">

<input>:入力欄(フォーム入力)要素(MDN)

 

比べてみるとわかる通り、buttonタグやaタグには子要素を作ることができます。

ボタン上に表示される内容を子要素として作っていくので、ボタンに画像を入れたり、複数行にしたり、カスタマイズ可能です。

しかし、inputタグは子要素を作ることができず、表示内容はvalue属性で設定するので、文字列1行だけです。

子要素を作れないことにより、input要素はCSSで複雑な装飾をするときに便利な機能、疑似要素を使うことができません。

 

inputタグでできることは、すべてbuttonタグでも同じ以上のことができます。

 

buttonタグを使ってリンクを貼ってみよう

buttonタグを使ってリンクを貼る場合、onclick属性に以下の内容を記述しましょう。

onclick="location.href='https://techacademy.jp/magazine/'"

「’https://techacademy.jp/magazine/’」の部分がリンク先です。

 

buttonタグ全体では以下のようになります。

<button onclick="location.href='https://techacademy.jp/magazine/'">Techacademyマガジン(button版)</button>

 

buttonタグ、aタグ、inputタグそれぞれでリンク先に遷移する要素を作成してみましょう。

aタグは、CSSを設定することでボタンのような見た目を表現しました。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8" />
  <title>sample</title>
  <style>
    .a_button {
      display: inline-block;
      border-style: solid;
      background-color: lightgray;
      border-width:1px;
      border-color: darkgray;
      color: black;
      text-decoration: none;
    }
  </style>
  </head>
<body>
  <a href="https://techacademy.jp/magazine/">Techacademyマガジン</a>
  <br><br>
  <a class="a_button" href="https://techacademy.jp/magazine/">Techacademyマガジン(aタグにスタイルを適用)</a>
  <br><br>
  <button onclick="location.href='https://techacademy.jp/magazine/'">Techacademyマガジン(button版)</button>
  <br><br>
  <input type="button" onclick="location.href='https://techacademy.jp/magazine/'" value="Techacademyマガジン(input button版)">
</body>
</html>

実行結果は以下のようになります。

 

buttonタグ、aタグ、inputタグそれぞれの違いを理解して使い分けていきましょう。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

執筆してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

HTMLでbuttonタグを使ってリンクを貼る方法がよくわかりました!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

HTMLを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

HTMLを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebデザインコースでは、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーの手厚いサポートを受けながら、オリジナルのWebサイト制作を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役Webデザイナーから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する