初心者もこれで安心!FTP Rushの使い方

FTPクライアントソフトの【FTP Rush】の使い方を初心者向けに解説した記事です。海外のソフトですが、日本語化対応も可能です。インストール方法から、日本語化対応の方法、ファイルアップロードの方法まで紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Webページを公開する際などに使用するFTPクライアントソフトにはいくつかの種類が存在しています。

今回はその一つで、Windowsよのソフトである「FTP Rush」の使い方を紹介します。

 

インストール方法から説明していきますので、初心者の方もこれを参考に使ってみてはいかがでしょうか。

 

FTP Rushのインストール

まずはインストールを行います。

FTPRushのページにアクセスしましょう。

ftprush_001

英語で書かれていますが、わからなくても問題はないと思います。「Download」と書かれている箇所が見えると思いますので、そこをクリックします。

 

一番上がインストール版で、その下がインストールしなくても使用できるポータブル版になりますが、今回はインストール版を使用します(中身そのものに違いはありません)。

ftprush_002

インストールが完了したら、すぐに使用することができます。

 

 

FTP Rushの使い方

FTP Rushを起動すると、メニューなどが英語ですので、まずは日本語にしましょう。

メニューから「Tools」を選択し、「Languages」にカーソルを合わせ、「Japanese」をクリックします。

ftprush_003

 

無事メニューが日本語になりましたが、このままでは一部がまだ日本語で表示されません。

そちらも日本語で表示させるためには、メニューから「ツール」を選択し、「オプション」をクリックします。

ftprush_004

 

オプション画面が開いたら、そこの「フォント」をクリックし、次に「フォント変更」をクリックします。

ftprush_005

 

色々フォントが出てきますが、MSゴシックなど知っているフォント名に変更しましょう。

 

これで日本語化は完了したので、FTPへの接続に移ります。

メニューから「FTP」を選択し、「簡易接続ダイアログ」をクリックします。

ftprush_006

 

接続の設定画面が表示されます。

ftprush_007

ここでは、下記のように各項目を入力します。

  • ホストFTPサーバ名(FTPホスト名)を入力します。
  • ユーザ名FTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力します。
  • パスワードFTPパスワードを入力します。

入力できたら「OK」をクリックしましょう。

 

サーバー側のファイルが表示されます(FFFTPと違い、左側がサーバーですので、そちらに慣れている方は注意が必要です)。

ftprush_008

 

ローカル側の、現在のフォルダを示している場所をクリックし、アップロードしたいファイル等のあるフォルダへと移動します。

ftprush_009

 

ローカル側でアップロードしたいファイル等を選択し、右クリックで出てくるメニューから「転送」をクリックします。

ftprush_010

 

また、ローカル側からファイルを直接ドラッグ&ドロップでアップロードすることも可能です。

ftprush_011

 

これでFTP Rushの使い方は以上です。

Windowsで使えるFTPクライアントソフトとして、WinSCPもあるので合わせてチェックしてみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。