JavaScriptのdocument.write()メソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのdocument.write()メソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。document.write()メソッドとは、数値や文字列、HTMLタグをブラウザ上に表示させるものです。console.logとともにデバッグにも利用することができるでしょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社代表取締役社長。書籍化歓迎。対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、CTO、エンジニア採用、CTO、経営者の不安解決コンサルティング。

JavaScriptのdocument.write()メソッドの使い方について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

実務でもdocument.write()メソッドを利用したプロジェクトが存在するかと思います。

あらかじめdocument.write()メソッドについて知っておくことで、document.write()メソッドが残っているプロジェクトの修正作業もスムーズになります。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をご覧ください。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのdocument.write()メソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

document.write()メソッドとは

document.write()メソッドとは、簡単に言うと、()内の文字列などの情報をWebブラウザ上に表示させるものです。

また、文字だけでなく、計算結果あるいはHTMLタグを使用することも可能です。

ただし、2021年現在、HTML Living StandardというHTMLの標準仕様では、使用は非推奨とされています。

 

document.write()メソッドが非推奨の理由

HTML Living Standardでは、document.write()メソッドを次のように説明しています。

このメソッドは非常に特異な動作をします。

場合によっては、このメソッドはパーサーの実行中にHTMLパーサーの状態に影響を与え、ドキュメントのソースに対応しないDOMになってしまうことがあります(例えば、書き込まれた文字列が文字列「<plaintext>」や「<!–」の場合)。

他のケースでは、あたかもdocument.open()が呼び出されたかのように、この呼び出しが最初に現在のページをクリアすることがあります。

さらに、このメソッドが単に無視されるか、例外が発生する場合もあります。ユーザーエージェントは、このメソッドで挿入されたスクリプト要素の実行を避けることが明示的に許可されています。

さらに悪いことに、このメソッドの正確な動作は、場合によってはネットワークの遅延に依存することがあり、デバッグが非常に困難な障害が発生する可能性があります。

これらの理由から、この方法の使用は強く推奨されません。

 

そして、次のような予期せぬ動作が発生します。

  • 非同期の実装内では無視される
  •  Chrome 55以降のバージョンでは環境によっては<script> 要素が実行されない
  • Edgeの<iframe>内で複数回呼び出すとエラーになる
1時間でできる無料体験!

 

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

document.write()メソッドの使い方

実際の使い方を見てみましょう。

document.write(表示させたい情報)

このコードでは、「表示させたい情報」をWebブラウザ上に表示可能です。

しかし、現在はdocument.write()メソッドの使用自体が非推奨なので、このコードを見つけたら修正作業を行う必要があるかもしれません。

 

document.write()の代わりになるメソッドの紹介

document.write()メソッドの代わりに利用するコードは、いくつか種類があります。

ただし、メソッドの置き換えだけで、document.write()メソッドの置き換えが完了する例は少ないため、どのような機能を完成させたいかに応じて、最新の仕様に基づいてメソッドを選択する必要があります。

今回は、insertAdjacentHTML()メソッドを利用する基本的な方法を紹介します。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

insertAdjacentHTML()メソッドの基本文法

insertAdjacentHTML()メソッドを使う場合は、次のような文法で利用します。

element.insertAdjacentHTML(挿入位置, 文字列);

 

insertAdjacentHTML()メソッドでは、elementという要素に対して、挿入位置で指定した位置に文字列を挿入します。

挿入位置にbeforebeginと指定すれば、elementの直前に挿入することが可能です。

挿入位置にafterendと指定すれば、elementの後ろに挿入することが可能です。

 

document.write()メソッドで文字を表示

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html lang = "ja">
  <head>
    <meta charset = "utf-8">
    <title>JavaScript</title>
  </head>
  <body>
	<div id="div1">
    <script>
      document.write("こんにちは");
    </script>
	</div>
  </body>
</html>

 

解説

次の3行でJavaScriptを実装しています。

    <script>
      document.write("こんにちは");
    </script>

<script>で、JavaScriptの実装開始を意味します。

document.write(“こんにちは”);で、こんにちはという文字を表示します。

</script>で、JavaScriptの実装終了を意味します。

 

表示結果

 

1時間でできる無料体験!

insertAdjacentHTML()メソッドで文字を表示

insertAdjacentHTML()メソッドを使う例です。

表示結果は、document.write()メソッドと同じ表示結果になります。

 

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html lang = "ja">
  <head>
    <meta charset = "utf-8">
    <title>JavaScript</title>
  </head>
  <body>
	<div id="div1">
    <script>
      let div1 = document.getElementById('div1');
			div1.insertAdjacentHTML('afterend', '<div id="div2">こんにちは</div>');
    </script>
	</div>
  </body>
</html>

 

解説

次の4行がJavaScriptのコードです。

    <script>
      let div1 = document.getElementById('div1');
			div1.insertAdjacentHTML('afterend', '<div id="div2">こんにちは</div>');
    </script>

<script>で、JavaScriptの実装開始を意味します。

 

let div1 = document.getElementById(‘div1’);では、HTMLの次のコードにあるidがdiv1の位置を取得して、変数div1に代入します。

<div id="div1">

div1.insertAdjacentHTML(‘afterend’, ‘<div id=”div2″>こんにちは</div>’);では、insertAdjacentHTML()メソッドを利用してafterendを指定することで、変数div1で指定した要素の直後に、<div id=”div2″>こんにちは</div>を挿入しています。

</script>で、JavaScriptの実装終了を意味します。

 

表示結果

 

 

まとめ

document.write()の書き方について、現役エンジニアが解説しました。

現在では非推奨になっているコードですが、過去に制作されたプログラムには含まれることもあります。

そのため、実務でdocument.write()メソッドを見つけたら、修正するか考えていただくと良いですよ。

実際にどのように修正するかは、システム自体の置き換えを含め、周りの人に相談してみてくださいね。

 

執筆してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。WordPressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。小学生がUnityでオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programming Festival入賞、中学生がノーコードでSNS型PWAアプリリリースなど、ボランティアプログラミング教育活動行っている。

 

大石ゆかり

JavaScriptのdocument.write()メソッドの使い方について、よくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

テックアカデミーでは、初心者でも、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので参加してみてください。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する