JavaScriptのlengthプロパティの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのlengthプロパティの使い方について現役エンジニアが解説しています。lengthプロパティは、配列の要素数や文字列の文字数、さらには関数における引数の数を数えることが出来ます。それぞれ名前は同じものの別のプロパティになります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

高田 悠

JavaScriptを用いた実装などフロントエンド領域の開発が得意。Web上での3D表現に興味がありWebARの実装案件を複数経験。ワークライフバランスを重視してフリーランス生活を送っている。

JavaScriptのlengthプロパティの使い方について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのlengthプロパティの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

lengthプロパティとは

JavaScriptにおけるlengthプロパティが意味するものには、以下の3つがあります。

  • 文字列の文字数を取得するためのプロパティ
  • 配列の要素数を取得するためのプロパティ
  • 関数が期待する引数の数を取得するためのプロパティ

本記事では上記のそれぞれについて、実際のコードの書き方や実用例を紹介します。

 

lengthプロパティの使い方

前章で紹介した、「文字列」「配列」「関数」のいずれに対しても、lengthプロパティは以下の文法が共通して使えます。

(文字列 or 配列 or 関数).length

文字列の文字数を取得する

ある文字列の文字数を取得したい場合は、文字列.lengthの形でlengthプロパティを参照します。

const str = "あいうえお";
console.log(str.length); //-> 5 

配列の要素数を取得する

ある配列の要素の数を取得したい場合は、配列.lengthの形でlengthプロパティを参照します。

const arr = ["犬", "猫", "うさぎ"]
console.log(arr.length); //-> 3

関数が期待する引数の数を取得する

使用頻度は非常に低いですが、ある関数がいくつの引数を受け取ることを想定しているかを取得することもできます。

const func = (a, b, c) => {
  return a + b + c;
}

console.log(func.length); //3 (a, b, cの3つの引数を想定しているため)

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

lengthプロパティの実用例

ユーザーが入力する文字列の文字数を制限する

SNSサービスの一部は、投稿時に文字数の上限を定めています。

JavaScriptで文字数制限を実装する場合は、入力された文字数を取得して、上限に設定した数値と比較すればよいです。

下記のコードでは、ユーザーが入力した文字が140文字を超えた場合に投稿ボタンを押せなく(disabled)しています。

<body>
  <textarea id="user-input"></textarea>
  <button type="button" id="submit-button">投稿</button>
  <script src="main.js"></script>
</body>
//main.js
const userInput = document.getElementById('user-input');
const submitButton = document.getElementById('submit-button');

//keyupイベントは、文字が入力される度に発火する
userInput.addEventListener('keyup' => {
  //入力された文字数が140を超えている、かつ投稿ボタンが有効な場合にボタンを無効化する
  if (140 < userInput.value.length && !submitButton.disabled) {
    submitButton.disabled = true;
  }

  //入力された文字数が140以下、かつ投稿ボタンが無効な場合にボタンを有効化する
  if (140 >= userInput.value.length && submitButton.disabled) {
    submitButton.disabled = false;
  }
})

長い条件式が登場していますが、ポイントになるのはuserInput.value.lengthです。

textarea要素に入力された文字列をvalueプロパティで取得し、さらにそのlengthプロパティを参照することで文字数を取得しています。

配列の最後の要素を取得する

配列に最後に追加された要素は、最新の要素として参照されるケースが多いです。

配列要素は、配列[要素のインデックス番号]で取得できますが、最後の要素を取得するにはインデックス番号に「配列の要素数 – 1」を指定します。

以下のコードでは、lengthプロパティを使って配列の要素数を取得し、それをもとに配列の最後の要素を取得しています。

const fruits = ["りんご", "バナナ", "オレンジ", "いちご"];
const lastItem = fruits[fruits.length - 1]; //fruits.lengthは4なので、[]には4 - 1 = 3が入る
console.log(lastItem); //"いちご"

関数に対するlengthプロパティは通常使用しない

最後に、関数の期待する引数の数を取得するlengthプロパティですが、これは実務でもほとんど使うケースはありません。

ゼロとは言い切れませんが、今回は上述の2つの実用例を覚えておけば学習範囲としては十分なため、参考コードは記載しません。

 

まとめ

JavaScriptのlengthプロパティの使い方を現役エンジニアが解説しました。

実用例の通り、文字列や配列に対するlengthプロパティは使いこなせると非常に便利です。

この機会に覚えるようにしましょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

JavaScriptを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!