JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法について現役エンジニアが解説しています。Math.cos関数は引数(ラジアン)の余弦(Cos)を返します。ラジアンは円弧のことで、コサインを求めるには角度からラジアンへ変換する必要があります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

JavaScriptにおいて、数値計算を扱うプログラムではSin、Cosなどの三角関数を使いたい場合もあるかと思われます。

そこで、本記事では、JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法を現役エンジニアが解説します。

Math.cos関数とは

Math.cos関数は引数(ラジアン)の余弦(Cos)を返します。

Math.cos関数の使い方

Math.cos関数は

Math.cos(角度)

と記述しますが、ここでの角度はラジアンを表すため、度を単位とする角度は一度ラジアンに変換する必要があります。そのため、

Math.cos(角度*(Math.PI/180))

とも記述できます。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

コサイン(余弦)を求める方法

例えばCos30°を求めたい場合、

Math.cos(30*(Math.PI/180))

と記述します。

実際に書いてみよう

では、実際にコードに起こすとどうなるか見てみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang = "ja">
  <head>
    <meta charset = "utf-8">
    <title>JavaScript</title>
  </head>
  <body>
    <script>
      console.log(Math.cos(30*(Math.PI/180)));
      console.log(Math.cos(45*(Math.PI/180)));
      console.log(Math.cos(60*(Math.PI/180)));
    </script>
  </body>
</html>

JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法のサンプルプログラム

まとめ

JavaScriptのMath.cos関数を使ってコサイン(余弦)を求める方法を現役エンジニアが解説しました。

物理演算などを行いたい場合も三角関数は出てくると思いますので、ぜひこの機会に覚えておくようにしましょう。

筆者プロフィール

メンターTKさん

大学院でVBAを扱う研究を行い、プログラミングの素晴らしさに目覚める。

その後、建設系企業のシステム担当として従事。JavaScriptやPHP、Processingなどに没頭中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。