インストールされたJavaのバージョンを確認する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにインストールされたJavaのバージョンを確認する方法について解説しています。ここではバージョンをWindowsで確認する方法、Macで確認する方法、それぞれについて説明します。頻繁に行うことになる操作なので、必ず覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

インストールされたJavaのバージョンを確認する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

インストールされたJavaのバージョンを確認する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Javaのバージョンとは

Javaは何度かバージョン名を変更しているため、下記の表にまとめました。

J2SE 5.0以降では「製品バージョン」と「開発者バージョン」に別れ、それぞれ異なるバージョン番号を付けています。

バージョン名 製品バージョン 開発者バージョン
JDK 1.0 1.0
JDK 1.1 1.1
J2SE 1.2 1.2
J2SE 1.3 1.3
J2SE 1.4 1.4
J2SE 5.0 5.0 1.5
Java SE 6 6 1.6
Java SE 7 7 1.7
Java SE 8 8 1.8

自身のコンピュータには、どのバージョンがインストールされているかを確認してみましょう。

 

Windowsで確認する方法

WindowsでJavaのバージョンを確認しましょう。

  • Windowsの「スタート」ボタンをクリックしてみましょう。
  • プログラムリストの中から「Java」フォルダをクリックします。
  • 「Java」フォルダの中にある「Javaについて」をクリックするとJavaのバージョンが表示することが可能です。

JavaSE8の表示例は以下のようになります。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

Macで確認する方法

    • 「システム環境設定」を開き、「Java」アイコンをクリックしましょう。

    • しばらく待つと「Javaコントロール・パネル」が表示され、「Javaコントロール・パネル」内にある「バージョン情報」をクリックするとJavaのバージョンが確認可能です。

JavaSE8の表示例は以下のようになります。

コマンドで確認する方法

コントロールパネルからJavaのバージョンを確認する方法だけでなく、コマンドを使用してバージョンを確認する方法もあります。

Windowsであればコマンドプロンプト、Macであればターミナルで下記のコマンドを入力することにより、Javaのバージョンが確認可能です。

WindowsやMacだけではなく、Linuxでも同じコマンドでバージョンを確認できます。

バージョン確認コマンドは以下になります。

java -version

 

実際にやってみよう

実際にコマンドを入力して表示内容を確認しましょう。

$ java -version

実行結果

java version "1.8.0_231"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_231-b11)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.231-b11, mixed mode)

 

執筆してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。

Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。

TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

インストールされたJavaのバージョンを確認する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。