JavaScriptのスコープの基本を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのスコープの基本について現役エンジニアが解説しています。スコープは変数の有効範囲のことで、JavaScriptには、グローバルスコープとローカルスコープがあります。さらにローカルスコープは関数スコープやブロックスコープに分かれます。それぞれスコープを解説しています。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

永井浩平

BtoBtoC事業を行っている会社で社内SEとして勤務。
バックエンド、フロント、クラウドなど幅広く業務を行う。
テックアカデミーでは、フロントエンドコース / Javaコースのメンター。

JavaScriptのスコープの基本について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのスコープの基本について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

はじめに

今回は、JavaScriptの変数や関数などのアクセスを許容する範囲を定義するスコープについて学びます。

同一のjsファイルに定義されている変数を、各処理から参照しようとした時にundefinedというエラーが発生したことがあるのではないでしょうか。

undefinedとならないように、すべての変数を各処理から参照できるように宣言することは可能ですが、思わぬ更新などにより、意図せぬ動作となってしまうことがあります。

スコープを理解し、適切に範囲を定義することで、より可読性の高いプログラムを作成できるのでこの機会に覚えましょう。

 

スコープとは

スコープとは、有効な範囲のことです。

JavaScriptでは、変数や関数などにアクセスできる範囲が決まっています。

この範囲をスコープと呼びます。

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

スコープの役割

スコープによって有効な範囲が限られることで、範囲の外へ影響することを防げます。

例えば本棚や引き出しでも、枠が区切られることでその中だけで整理できます。

これにより、しまっているもの枠を超えて混ざってしまうこともありません。

スコープを使うことで、エラー範囲を限定しやすく編集しやすいコードにできます。

 

スコープの種類

スコープは、大きく分けて以下2種類あります。

 

グローバルスコープ

JavaScriptのどこからでもアクセスできる範囲を指します。

 

ローカルスコープ

ローカルスコープにはさらに細かく2種類あり、「関数スコープ」と「ブロックスコープ」に分かれます。

 

・関数スコープ

関数スコープの範囲は関数内からのみ参照可能です。

以下のような文字列を結合する関数の場合、関数内で宣言されているjoinStrはtestMethodsの中であれば参照はできます。

また、関数の外からは参照できずに、他に同一名称の関数が宣言されていない場合、参照しようとした処理はundefinedのエラーが発生します。

let testMethods = (str1,str2) => {
    let joinStr = str1 + str2;
    return joinStr;
};

console.log(joinStr);  // console => undefined

・ブロックスコープ

ブロックスコープは、{  } で囲まれた範囲だけで有効です。

letまたはconstを用いて宣言したものだけが、ブロックスコープです。

varで宣言したものは対象に入りませんので注意しましょう。

{
    let letStr      = 'letで宣言';
    const constStr  = 'constで宣言';
    var varStr      = 'varで宣言';

    console.log(letStr);  // console => letで宣言
    console.log(constStr);  // console => constで宣言
    console.log(varStr);  // console => varで宣言
}
console.log(letStr);    // console => undefined
console.log(constStr);  // console => undefined
console.log(varStr);    // console => varで宣言

 

宣言文を省略した変数のスコープ

宣言文であるvarやlet、constは省略できます。

省略した場合は、関数の中であってもグローバルスコープです。

しかしながら、予期しない動作になることも多く、MDNのリファレンスでも宣言をすることがすすめられています。

宣言文は、特に理由がなければ必ずつけるようにしましょう。

MDNのリファレンスはこちら

 

まとめ

JavaScriptのスコープに関して学びました。

let,constとvarがブロックスコープにおいて異なる点についてはぜひ覚えておきましょう。

ブロックスコープや関数スコープで変数などの範囲を限定することで、異なるスコープであれば同一の変数名なども宣言することができます。

また障害調査などにおいても、スコープが狭いほど参照している処理なども調べやすくなりますので、ぜひ適切なスコープを定義できるように日々の実装で注意してみてくださいね。

また、似た役割にクロージャというものがあります。

こちらの記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

クロージャについて

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

JavaScriptを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!