JavaScriptでnullを判定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでnullを判定する方法について現役エンジニアが解説しています。nullとは何もない、値が存在しないといった意味で、JavaScriptでは明示的に指定します。if文などでの比較ではundefinedと同じように評価されてしまうので注意が必要です。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでnullを判定する方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

目次

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでnullを判定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

nullとは

nullとは「何もない」、「値が存在しない」といった意味を指します。

JavaScriptで変数の値をnullにするには、以下のように「明示的」にnullを指定する必要があります。

//変数にnullを代入
let value = null;

//関数の戻り値にnullを指定
const test = () => {
  return null;
}

 

なお、null についてのさらに詳細な仕様は、下記の記事で確認できます。

MDN – null

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

nullとundefinedの違い

undefined は「未定義」という意味です。

値がなにもないという点はnullと共通なのですが、大きな違いは「明示的に値を指定していない」ことにあります。

    つまり、nullが「プログラムを書いた人が意図している仕様」なのに対し、undefinedは「意図せず発生している値」や「定義漏れ」であることが多いです。

     

    以下は値が意図せずundefinedになるコードの一例です。

    const apple = "りんご"
    
    console.log(aple) //スペルが間違っているため、apleという変数は未定義とみなされ、undefinedとなる 
    
    

    JavaScriptでnullを判定する方法

    JavaScriptでnullを判定するには null と比較します。

    以下が実際のコード例です。

    const value = null;
    
    if (value === null) {
      console.log('valueはnullです');
    }

    上記のコードでは、value === nullという条件がtrueになるため、コンソールに「valueはnullです」と表示されます。

    ここで、比較の演算子に == (等価演算子)ではなく === (厳密等価演算子)を使っているのには理由があります。

    == を使ってしまうと、なんとundefinedの場合も条件がtrueになってしまうという仕様があるためです。

    == を使う場面もありますが、nullを正確に判定するためには必ず === を使いましょう!

     

    実際に書いてみよう

    今回のサンプルプログラムでは、値の未定義やreturn値がない関数の結果を受け取ることで、変数の値がどのように設定されるかを確認します。

    <!DOCTYPE html>
    <html lang="ja">
    <head>
      <meta charset="utf-8">
      <title>sample</title>
    </head>
    <body>
    <script language="javascript" type="text/javascript">
      let val1; //値を代入しない変数はundefinedになる 
      let val2 = null; //nullを明示的に指定
    
      const func1 = () => {
        console.log(`func1が呼ばれました`);
      }
    
      let val3 = func1(); //関数の戻り値を指定しない場合、undefinedになる
    
      console.log(val1); //[1]
      console.log(val2); //[2]
      console.log(val3); //[3]
    </script>
    </body>
    </html>

     

    それぞれのconsole.logの結果を確認していきましょう。

    [1]はundefinedとなります。

    val1という変数に何も代入しない場合、未定義であるundefinedの値となります。

    なお、const val1; とconstで宣言する場合、値を代入しないとその時点でエラーになります。

    [2]はnullとなります。

    変数val2に明示的にnullを代入しているためです。

    [3]はundefinedとなります。

    呼び出した関数に戻り値(return ○○)がない場合、undefinedとなるためです。

     

    今回は以上です。

    nullを上手に使うことができると、明快に書き手の意志が伝わるコードを書くことができます。

    nullとundefinedの違いを意識するだけでも1レベルアップできますので、ぜひ本記事を参考に取り組んでみましょう!

     

    執筆してくれたメンター

    太田和樹(おおたかずき)

    ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

    普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

    開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

    地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

     

    大石ゆかり

    内容が分かりやすくて良かったです!

    田島悠介

    ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

    大石ゆかり

    分かりました。ありがとうございます!

     

    JavaScriptを学習中の方へ

    これで解説は終了です、お疲れさまでした。

    • つまずかず「効率的に」学びたい
    • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

    プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

    テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

    合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を完全オンラインでしっかり習得できます。

    まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

    時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!