JavaScriptのresolveメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのresolveメソッドの使い方について解説しています。Promise.resolve()で非同期処理の結果を表す基本の書き方、resolveメソッドに複数の値を渡す場合の方法について覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptのresolveメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

resolveメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Promiseとは

Promiseとは、非同期処理の結果を表す値です。結果には2通りあり、成功(完了や解決とも)と失敗(エラーや拒否とも)です。成功時には引数で渡される関数resolveを、失敗時には引数で渡されるrejectを呼び出すように記述します。

 

resolveメソッドとは

resolveメソッドとは、引数に渡した値で解決したPromiseを返す関数です。resolveメソッドがPromiseオブジェクトを返すことによって、さらにthenとcatchで繋ぐことができます。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

resolveメソッドの使い方

resolveメソッドは次のコードのように使います。

const promise = Promise.resolve('SUCCESS')

promise.then(s => console.log(s))

resolveメソッドの引数へSUCCESSの文字列を渡して呼び出します。

これがPromiseを返すので、thenメソッドの引数に渡したハンドラ(関数のこと)が呼び出されます。

引数sにはSUCCESSの文字列が代入されており、結果としてコンソールにSUCCESSの文字が出力されます。

これだけでは非同期処理っぽくないので、少しコードを変えてみましょう。

const promise = new Promise((resolve, reject) => {

  setTimeout(() => {

    resolve('SUCCESS')

  },

  1000)

})

promise.then(s => console.log(s))

これで、1秒後にコンソールにSUCCESSの文字が出力されるようになりました。

 

resolveメソッドに複数の値を渡す方法

resolveメソッドに複数の値を渡すには、配列もしくはオブジェクトを使います。まずは、配列を使って複数の値を渡してみます。

const promise = Promise.resolve([ 1, 2, 3, 4, 5 ])

promise.then(arr => arr.forEach(n => console.log(n)))

コンソールに配列のすべての値が出力されます。次に、オブジェクトを使って複数の値を渡してみます。

const promise = Promise.resolve({

  no: 4,

  age: 29,

  leg: 'left'

})

promise.then(obj => {

  Object

    .keys(obj)

    .forEach(key => {

      console.log(`${key}:${obj[key]}`)

    })

})

コンソールにオブジェクトのプロパティと、その値が出力されます。

 

監修してくれたメンター

メンター久保田

Webシステム開発が中心のシステムエンジニア。

HTML、CSS、JavaScript(React、Vue.js)、PHP、Javaが守備範囲。

最初に選ぶポケモンは炎タイプ。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。