JavaScriptでくじ引きプログラムを作る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでくじ引きプログラムを作る方法について現役エンジニアが解説しています。ボタンをクリックするとくじが引けるプログラムの作成方法をみていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでくじ引きプログラムを作る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をみていきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでくじ引きプログラムを作る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

くじ引きプログラムの仕様

今回、作成するくじ引きプログラムは以下の仕様で作っていきましょう。

  • 画面には結果表示欄とくじ引きボタンを配置する。
  • くじ引きボタンを押すと結果表示欄にくじ引きの結果が表示される。
  • くじの結果は”大賞”、”1等”、”2等”、”3等”、”はずれ”のいずれかがランダムに表示される。

 

 

くじ引きプログラムを作る方法

くじ引きプログラムを作る場合、まず、HTMLによって画面に表示する結果表示欄とくじ引きボタンを配置します。

次は、くじ引きボタンを押した際の処理をJavaScriptにて記述していきましょう。

くじ引きの結果一覧を配列に入れて置き、それをランダムに取り出す処理も必要です。

それでは次にくじ引きプログラムを実際に書いていきましょう。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

以下、サンプルコードとなります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>動作確認</title>
</head>
<body>
  <p>くじ引き結果:<span id="result"></span></p>
  <button id="startButton">くじを引く</button>
  <script  src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.slim.min.js"  
integrity="sha256-pasqAKBDmFT4eHoN2ndd6lN370kFiGUFyTiUHWhU7k8="  crossorigin="anonymous"></script>
  <script>
    // くじ引き結果
    var results = [
      // "大賞"、"1等"、"2等"、"3等"、"はずれ"
      "大賞",
      "1等",
      "2等",
      "3等",
      "はずれ"
    ];
    // ボタンを押した際の動作
    $('#startButton').on('click', function() {
      var random = Math.floor( Math.random() * results.length );
      var result =  results[random];
      $('#result').html(result);
    });
</script>
</body>
</html>

コードの解説を行っていきましょう。

 

画面上にはpタグとbuttonタグを使って、

  • 結果の表示欄
  • くじ引きボタン

を配置しています。

 

JavaScriptではresultsに結果の一覧を用意しておき、startButtonが押された際にランダムメソッドによってくじ引き結果の中からランダムに1つ結果を取得し結果表示欄に表示しています。

randomメソッドは0~1の間のランダムな数値を返してくれるものなので、任意の最小値、最大値を設定するには少々工夫が必要です。

今回は0~results配列の最後の添え字を取得したいので、Math.random()にresults配列の要素数を掛け、Math.floorメソッドで小数点以下の切り捨てを行っています。

 

randomで取得できた添え字をresults配列に指定し、くじ引きの結果を取得しています。

そして、結果表示?に結果を表示すれば目的の動作を実現することが可能です。

 

今回はjQueryを利用しているものの、このぐらいのプログラムであればjQueryを使わずとも実現可能でしょう。

しかし、プログラムが大きくなってくるとJavaScirptだけではコード量が多くなってしまいます。

jQueryを使うと複雑な処理を簡潔に書くことが出来るので、是非活用していきましょう。

 

まとめ

アプリケーションを作ろうと思ったときには、まずそのアプリケーションは何を実現しようとしているのか、そのためにどういう機能(仕様)が必要なのかを決め、その機能を実現するためにはどのような流れで処理を行っていけばいいのかを考え、実際のプログラムに落とし込んでいきましょう。

 

執筆してくれたメンター

黒木一志(おおたかずき)

TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています黒木です。

現在は会社員としてシステムエンジニアをしております。

会社ではC#にて業務系アプリの開発を行っておりますが、過去にはCakePHP、Ruby on Railsを使ったWebアプリ開発を行っておりました。

プライベートではバンド演奏や本を読んだり映画を見たりしております。最近はスケボーにハマってます。

みなさんにプログラミングの楽しさをお伝え出来たらと思っております。何卒宜しくお願い致します。

 

大石ゆかり

JavaScriptでくじ引きプログラムを作る方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。