HTMLでよく使う数学記号を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLでよく使う数学記号について解説しています。数学記号をWeb上で扱う際の注意点、正しく表記させるための書き方を説明します。よく使う記号についての記述方法一覧も表にしているので、ぜひ活用してください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLでよく使う数学記号について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

HTMLでよく使う数学記号について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

数学記号とは

HTMLにおいて、文字として数学記号を使いたい場合は、数学記号の特殊文字を使うのがいいとされています。

というのは、記号をそのまま文字として表現したいとき、HTMLがHTMLの記号だと認識してしまうと記号=タグやHTML標記 として認識してしまい、うまく表示されないといったことが起こってしまうからです。

数学記号を含めた特殊文字については「&」(アンパサンド)と「;」(セミコロン)の間に所定の英数字を入れて表記します。

では、実際にどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

よく使われる数学記号

数学記号はたくさんありますが、その中でよく使われるものについてリストアップしました。

記号 10進数での書き方 16進数での書き方 文字参照での書き方 名前
+ + + プラス
− − − マイナス
× × × × クロス
÷ ÷ ÷ ÷ 記号:割る
* * * アスタリスク
= = = イコール
± ± ± ± プラスマイナス
∞ ∞ ∞ 無限大
≦ ≦ 小なりイコール
≧ ≧ 大なりイコール
¹ ¹ ¹ ¹ 上付き文字1
² ² ² ² 上付き文字2
³ ³ ³ ³ 上付き文字3
₊ ₊ 下付き文字プラス
₋ ₋ 下付き文字マイナス
( ( ( 左括弧
) ) ) 右括弧
½ ½ ½ ½ 分数・2分の1
⅓ ⅓ 分数・3分の1
⅔ ⅔ 分数・3分の2

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

数学記号を使ってみよう

使い方はいたって簡単です。タグ内に書かれた文字の中に直接記号を入れるだけです。

例えば、

10+(6÷2)×5=25

という計算式を数学記号を使って書いてみるとします。

<p>10&#43;&#x28;6&#247;2&#41;&#215;&#61;25</p>

と書くだけです。

先にも述べたように、「&」と「;」に挟まれている英数字に関しては、基本的にHTMLは数学記号・特殊文字と認識するので、タグの中に続けて記述することができます。

とっても簡単なのでぜひ使ってみてください。

 

監修してくれたメンター

メンター増田直子

40歳直前までHTMLの存在すら知らなかったのですが、

現在はWordPressを中心としたwebデザイン/コーディングをしているフリーランサーです。趣味はスキューバーダイビング・年間3度は海のある国内外へ旅行してます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。