HTMLによるファビコンの設定方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLによるファビコンの設定方法について解説しています。これはサイトを開いたときにタブに表示されたり、ブックマークを行ったときにタイトルの頭につけられるものです。ファビコンの作り方と設定方法を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLによるファビコンの設定方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ファビコンの設定方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ファビコン(favicon)とは

ファビコンとはブラウザでWebサイトを閲覧した際に、サイト名の左側に表示されるアイコンのことを指します。ファビコンは複数のWebサイトを開いている場合には、Webサイト名が隠れファビコンだけが表示されるのでサイトの視認性も良くなり、ユーザビリティも良くなります。
ファビコンのないサイトではブラウザによって地球のような丸い表示や角の折れた紙のような表示、ブラウザそのものマーク等が表示されています。少しでもWebサイトを他より目立たせ、細部にまで気を使うにはファビコンの設定は必要なものとなります。

 

ファビコン(favicon)の設定方法

ファビコンの設定方法としてまず、アイコン用の画像を用意します。拡張子としてはpng、gifなどで問題ありません。一部にはicoファイルを使って作成しているものもあります。
作られたファイルをimageフォルダ等の直下に置き、htmlファイルから呼び出します。htmlファイルかあ外部ファイルを呼び出すには、htmlファイルのhead要素の中にlink要素を記述していきます。rel属性は”icon”、type属性は”image/x-icon”として記述します。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

(index.html)

<head>

  <link rel="icon" type="image/x-icon" href="image/icon.png">

</head>

 

今回はコーヒーカップのアイコンをファビコンに設定しました。

imageフォルダ内の任意のファイルが表示されれば成功です。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。