JavaScriptでドロップダウンメニューを実装する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでドロップダウンメニューを実装する方法について解説しています。ドロップダウンメニューはメニューから更に詳細なメニューを表示させる手法です。jQueryで実装する方法も合わせて覚えておきましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

井上 祐介

NEC・Microsoftの認定インストラクター。Z80アセンブラ・C++・C#・PHP・JAVAなどの経験を経て業務で使用するプログラムの開発や新入社員プログラミング研修の講師を行った。

JavaScriptでドロップダウンメニューを実装する方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

1時間でできる無料体験!

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ドロップダウンメニューを実装する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ドロップダウンメニューとは

通常のメニューをクリックしたり、メニューにマウスをのせた時に再度メニューが下にドロップして、より細かいメニューが出てくるものです。

ドロップダウンとは、ドロップ(落とす)してダウン(下げ)させる、つまりメニューが上から落ちてくるイメージで表現されたものです。

ドロップダウンを別の言い方で「プルダウン」(プル=引く)ともいいます。

ドロップダウンメニューの画像例(TechAcademyマガジン)
上記の画像にマウスを合わせると「TechAcademyマガジン」サイトの上部にある項目からドロップダウンメニューが表示される様子がわかります。

※ドロップダウンメニューを、メニュー以外で部品として使えるようにしたものが「ドロップダウンリスト」(またはプルダウンリスト)です。ドロップダウンリストは要素の右端にある「▼」などのボタンから、値を選択するリストを表示させます。また、値を編集できるドロップダウンリストをコンボボックスといいます。
※HTML標準である部品としてのドロップダウンメニュー(セレクトボックス)については、解説記事「HTMLでドロップダウンメニューを表示する方法【初心者向け】」をご覧ください。

See the Pen
js_ddmenu(non_css)
by mentor-inoue-y (@mentor-inoue-y)
on CodePen.

 

メニューの項目を作る(HTML)

メニューを作成するには、まず骨組みとなる項目をHTMLで作ります。

ulタグを使ったリストに各項目をliタグで作成します。

ulタグとは、項目を並べたリストを作るためのHTML要素です。CSSによるスタイルを設定していなければ各項目の先頭にリストマーク「・」が付きます。
liタグとは、ulタグの中に入れるそれぞれの項目です。

See the Pen
js_ddmenu_jQuery
by mentor-inoue-y (@mentor-inoue-y)
on CodePen.

サンプルコード

以下のHTMLコードは、「はじめての方へ」からはじまる3つの項目を持つメニューを作る例です。

ソースコード

<ul class="nav">
   <li><a href="#">はじめての方へ</a>
       <ul>
           <li><a href="#">おすすめ</a></li>
           <li><a href="#">料金プラン</a></li>
           <li><a href="#">無料体験</a></li>
       </ul>
   </li>
</ul>
style.css
body{
    background: #000;
}
#nav {
    margin: 0;
    padding: 0;
    display: flex;
}
#nav li {
    list-style: none;
    width: 200px;
    height: 40px;
    background: #fff;
    text-align: center;
    font-size: 14px;
    line-height: 2.8;
    border-right: 1px solid #eee;
}
#nav li a {
    text-decoration: none;
    color: #000;
}

#nav li ul {
    display: none;
    margin-left: -40px;
    position: absolute;
}
#nav li ul li {
    border-top: 1px solid #eee;
}

 

表示結果

See the Pen
js_ddmenu_jQuery
by mentor-inoue-y (@mentor-inoue-y)
on CodePen.

解説

<ul id="nav">
    <li>はじめての方へ

メニュー全体をulタグで囲います。

メニューの一番大きな項目である「はじめての方へ」をliタグで作ります。

トップメニューに含まれる項目はliタグを閉じずに書いていきます。

 

<ul>
    <li><a href="#">おすすめ</a></li>
    <li><a href="#">料金プラン</a></li>
    <li><a href="#">無料体験</a></li>
</ul>

メニューのそれぞれの項目は「はじめての方へ」のliタグの中にulタグを入れて作ります。

 

#nav li ul {
    display: none;
}

CSSでトップメニューの項目をdisplay: none;で非表示にしています。

トップメニューにマウスを合わせたときに、JavaScriptでメニューをドロップダウンで表示させます。

このHTMLで作ったメニューをJavaScriptによりドロップダウンで表示させる方法を見ていきましょう。

 

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

メニューの動きを作る(jQuery)

HTMLのulタグで作ったメニューをJavaScriptのjQueryで表示させます。

ドロップダウンメニューの表示はCSSだけでも可能ですが、jQueryを使うと高度な知識を必要とせず簡単にドロップダウンメニューを表示できます。

jQueryとは標準のJavaScriptの機能に加えて、要素の選択やアニメーションなどを簡単に実行できるようにしたライブラリ(プログラムの集まり)です。WebページにjQueryを組み込むには、ライブラリを読み込む必要があります。jQueryについて詳しくは、解説記事「今さら聞けない!jQueryとは|現役エンジニアが徹底解説【初心者向け】」をご覧ください。

 

サンプルコード

HTMLで作ったメニューを、アニメーションでドロップダウンさせて表示します。

マウスがメニューから離れるとメニューが上にスライドするアニメーションで消えます。

ソースコード

script.js
$(function() {
    $('#nav li').mouseover(function(e) {
        $('ul', this).stop().slideDown('fast');
    })
    .mouseout(function(e) {
        $('ul', this).stop().slideUp('fast');
    });
});
index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>ドロップダウンメニューサンプル</title>
        <link rel="stylesheet" href="style.css">
    </head>
    <body>
        <ul id="nav">
            <li>はじめての方へ
                <ul>
                    <li><a href="#">おすすめ</a></li>
                    <li><a href="#">料金プラン</a></li>
                    <li><a href="#">無料体験</a></li>
                </ul>
            </li>
        </ul>
        <script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="script.js"></script>
    </body>
</html>
style.css

style.cssは上記と同じコードです。

 

表示結果

See the Pen
js_ddmenu_jQuery
by mentor-inoue-y (@mentor-inoue-y)
on CodePen.

解説

まずはHTMLでjQueryのライブラリドロップダウンメニューを動かすプログラム<body>タグ直前で読み込みます。

 

<script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js"></script>

jQueryを使えるようにするために、インターネット上にあるjQueryのライブラリを読み込んでいます。

 

<script type="text/javascript" src="script.js"></script>

ドロップダウンメニューを動かすコードはscript.jsから読み込んでいます。

次に、script.jsのJavaScriptをjQueryで書いていきます。

jQueryのライブラリを読み込んでいるので、$から始まる要素の指定slideDownなどのjQueryのメソッドが使えます。

 

$(function() {
    ~
});

jQueryのコードは $(function() { ~ });の中に記述します。

 

$('#nav li').mouseover(function(e) {
    $('ul', this).stop().slideDown('fast');
})

操作対象のメニューのli要素(idが「nav」のul要素の中)の上にマウスポインタ(マウスの矢印)がある場合の処理(mouseoverのイベント)を記述します。

イベントとはマウスのクリックや時間が経過したときなどの処理を起こすきっかけとなる動作のことです。

thisイベントを起こした要素、つまりマウスをのせた要素を指しています。

$(‘ul’, this)でul要素をthisの要素から探して指定する、つまりul要素をマウスがのせられたli要素の中から探して指定します。

stopメソッドでイベントが起こる前に動作していたアニメーション動作を止めます。

stopメソッドがないと、アニメーション中にマウスを動かしたときの挙動が不自然になります。

続けて、同じ要素に対してslideDownメソッドで要素を下にスライドするアニメーションで表示します。

slideDown(‘fast’)のfastはアニメーションの速さの指定です。

 

.mouseout(function(e) {
    $('ul', this).stop().slideUp('fast');
});

メニューを表示させる処理をプログラムしただけでは、マウスがメニューから離れたときも表示されたままになってしまいます。

それで、メニューからマウスが離れた時の処理をmouseoutイベントに記述します。

.mouseoutはいきなりドット(.)から始まっていますが、mouseoverの続きとして書かれているので$(‘#nav li’).mouseoutと同じ意味です。

メニューを消すにはslideUpメソッドでメニューが上にスライドして消えるようにアニメーションをさせます。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

まとめ

JavaScriptでドロップダウンメニューを作るには、まずHTMLでulタグの中にトップメニュー項目liタグで作成します。

ドロップダウンさせるメニュー項目は、トップメニュー項目のliタグの中にulタグで作成します。

jQueryのmouseoverのイベントで、slideDownメソッドを使ってドロップダウンさせる動きを作ります。

メニューを閉じる動きはmouseoutのイベントでslideUpメソッドで作成します。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

JavaScriptを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する