KotlinのjoinToString関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにKotlinのjoinToString関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。joinToString関数とは、KotlinのArrayクラスのメソッドで、配列の値を全て結合して文字列として出力してくれる関数です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

KotlinのjoinToString関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

初心者向けにKotlinの入門向けサイトをまとめた記事もあるのでみてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプAndroidアプリ開発講座の内容をもとに作成しています。

田島悠介

今回は、Androidアプリ開発に関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

KotlinのjoinToString関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

joinToString関数の使い方

joinToString関数とは、KotlinのArrayクラスに実装されたメソッドで、Array型の変数に格納された値を全て結合してString出力することができます。

 

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に使ってみよう

joinToString関数を使ったサンプルプログラムを作ってみましょう。

 

Kotlinによる実装

  val programs: Array<String> = arrayOf("Kotlin", "Java", "JavaScript")
  val contains = programs.joinToString()
  println( contains )

 

実行結果

Kotlin, Java, JavaScript

Arrayに格納された値が、カンマ区切りで出力されることが確認できました。

 

その他のパラメータを活用して出力をカスタマイズしてみる

joinToString関数は、文字列出力時にオプションを指定することができます。

今回は、パラメータを活用した例を2つみていきましょう。

  1. separatorの利用
  2. prefixとpostfixの利用

実際に動作するプログラムは下記になります。

Kotlinによる実装

  // 1.separatorの利用
  val programs2: Array = arrayOf("Kotlin", "Java", "JavaScript")
  val contains2 = programs2.joinToString(separator = " & ")
  println( contains2 )
  // 2.prefixとpostfixの利用
  val contains3 = programs2.joinToString(prefix = "[" , postfix = "]")
  println( contains3 )

 

実行結果

Kotlin & Java & JavaScript
[Kotlin, Java, JavaScript]

パラメータを使うことで、出力結果を装飾することができました。

まとめ

Kotlinには、Arrayの中身を全出力するjoinToStringという便利な関数があるため、有効に使用していきましょう。

 

執筆してくれたメンター

寺谷文宏(てらたにふみひろ)

Webアプリケーションエンジニアとして数多くのプロジェクトを経験し、フロントエンドからサーバーサイドまで総合的な開発を得意としています。

TechAchademyではフロントエンド、Javaコースを担当。

 

大石ゆかり

KotlinのjoinToString関数の使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Kotlinの技術を使ってAndroidアプリ開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。