G Analyticsの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである【G Analytics】の使い方を初心者向けに解説した記事です。国産のプラグインで、ダッシュボードからGoogle Analyticsのデータを閲覧できるようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである、G Analyticsの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressで作ったサイトをGoogle Analyticsでアクセス解析しているんですけど、毎回Google Analyticsの画面に行くのが面倒なんですよね・・・。

田島悠介

あぁ、それなら管理画面上にGoogle Analyticsの画面を表示できるものがあるよ。

大石ゆかり

え、本当ですか!?教えてください!

 

目次

本記事は下記の流れでご紹介します。

 

G Analyticsとは

Google Analyticsで統計データを扱っている人は多いですが、結果を見るためにはGoogle Analyticsにログインする必要があります。このプラグインを導入することで、ダッシュボード上でアクセス状況を簡単に確認することができきます。

WordPressのプラグインは外国のものが多い中、このプラグインは日本の会社(アイビースター)が開発したプラグインで、管理画面は全て日本語です。

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

プラグインをインストールする

このプラグインは、G Analytics公式サイトからダウンロードし、プラグインをインストールしてください。

インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

インストールが完了すると、ダッシュボードに、G Analytics Dashboardの管理画面へのリンクが追加されます。

G-ANA1

 

 

アカウントを設定する

次に、Google Analyticsのアカウントを連携させましょう。

プラグインの管理画面を開くと、いきなり「ログイン失敗」と出ますが、慌てずに「設定」ボタンをクリックしてください。

G-ANA2

 

表示された画面の指示に従い、メールアドレスやパスワード等を入力してください。

プロファイルIDの確認方法については、後述します。

G-ANA3

 

※プロファイルIDは、現在「ビューID」と呼ばれています。

Google Analyticsの「アナリティクス設定」から、ビューIDを選択し、記載されているIDを入力してください。

G-ANA4

 

これで、設定は完了です。あとは、このプラグイン画面で詳細なアクセス状況を把握することができます。

G-ANA5

今回の記事は以上です。

同じようにWordPressのダッシュボード上でGoogle Analyticsのデータを確認できるプラグインとして、Google Analytics Dashboardもあるので、合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

ありがとうございます!これで運用が楽になりました!!

田島悠介

毎回ログインしに行く必要もなくていいよね♪

大石ゆかり

はい!!!

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。