Androidアプリ開発でSwitch(トグルスイッチ)を追加する方法【初心者向け】

Androidアプリ開発でGUIコンポーネントの【Switch(トグルスイッチ)】を追加する方法を初心者向けに解説した記事です。Switchを使うと、オンとオフの2通りの状態を簡単に入力できるようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Androidアプリ開発では、アプリのパーツを簡単に追加できるGUIコンポーネントが数多く用意されています。

今回はそのなかの1つである、Switch(トグルスイッチ)を追加する方法と基本的な使い方をご紹介します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!Androidアプリの設定画面でオンオフで設定をしたい部分があるんですけど、何かいい方法ってないですか?ラジオボタンだと実装できるかとは思うんですけど・・・。

田島悠介

Android4.0からSwitchが導入されたから、それを使えばできるよ♪

大石ゆかり

え、どうやって使うんですか〜?

 

Switchとは

Switch(トグルスイッチ)は、Android4.0から使えるようになったGUIコンポーネントで、オンとオフの2通りの状態を入力するときに使用します。

オンとオフの入力についてはToggleButton(トグルボタン)やCheckBox(チェックボックス)が使われていましたが、Switchはより状態がわかりやすく変更されています。

001

 

 

Switchを配置する

Switchはレイアウトエディタのパレットの「フォーム・ウィジェット」から配置できます。

パレット内のSwitchを、配置したい場所までドラッグしましょう。

 

これでSwitchの配置ができました。

アプリを起動すると図のように画面にSwitchが表示されます。Switchをタップすると、ONとOFFの切り替えができます。

 

 

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Switchをカスタマイズする

プロパティを変更してSwitchをカスタマイズしてみましょう。下記のようなプロパティがあります。

  • Text:ラベルの文字を変更できます
  • Text On:スイッチがOnのときのテキストを指定
  • Text Off:スイッチがOffのときのテキストを指定
  • showText:trueに変更すると、テキストを表示する
  • Checked:trueに変更すると、スイッチがOnの状態で表示される

 

xmlファイルを確認すると、次のようなコードが追加されています。

<Switch
android:id="@+id/switch1"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_marginLeft="59dp"
android:layout_marginStart="59dp"
android:layout_marginTop="51dp"
android:checked="true"
android:showText="true"
android:text="バックライト"
android:textOff="消灯"
android:textOn="点灯"
tools:text="バックライト"
android:layout_alignParentTop="true"
android:layout_alignParentLeft="true"
android:layout_alignParentStart="true" />

 

アプリを起動すると図のようにカスタマイズされたSwitchが画面に表示されます。

今回の記事は以上です。

他のGUIコンポーネントを使ってみたい場合は、Androidアプリ開発でRatingBarを追加する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

Switchとてもいいですね♪

田島悠介

単純にオンオフだけじゃなくて文字も変えられるから、設定画面だと重宝しそうだね。

大石ゆかり

そうですね〜♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。