Ultimate TinyMCEの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのビジュアルエディタを拡張できるプラグインの1つである【Ultimate TinyMCE】の使い方について初心者向けに解説した記事です。表示するボタンのカスタマイズ方法についても紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressのビジュアルエディタを拡張できるプラグインの1つである、Ultimate TinyMCEの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressの記事を書いていて、もう少し記事が書きやすくなる方法ってないですか?

田島悠介

あるよ。ビジュアルエディタを拡張するプラグインを入れれば、記事が書きやすくなると思うよ♪

大石ゆかり

どのプラグインがいいんですか?

田島悠介

んー、Ultimate TinyMCEなんてどうかな?

 

Ultimate TinyMCEとは

インストールするだけで、ビジュアルエディタの拡張ができるプラグインです。表示するボタンは、管理画面から自由にカスタマイズできます。

有料版もありますが、初心者の方にとっては無料版でも十分でしょう。

導入する前に、デフォルトのビジュアルエディタと比べてみてください。

 

デフォルトのビジュアルエディタ

プラグインインストール前は、こんなシンプルなエディタ画面です。

editoe

 

Ultimate TinyMCE導入後のビジュアルエディタ

操作できる項目が増えているのがすぐにわかりますね。表示項目もカスタマイズ可能です。

Ultimate TinyMCE1

では、設定方法を見ていきましょう。

 

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

インストール・有効化が完了するとダッシュボードのメニューに「Ultimate TinyMCE」が追加されます。

Ultimate_TinyMCE2

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

表示項目をカスタマイズする

管理画面は、日本語化されているので簡単に操作できます。プラグインをインストールした状態では、何もボタンが追加されていないので、まずデフォルト設定を反映させ、そこから好きなボタンを追加していくと簡単です。

プラグイン管理画面から、「デフォルト設定」のタブを選び、チェックボックスにチェックをして「デフォルトを読み込み」ボタンを押します。

Ultimate_TinyMCE3

 

管理画面下部の「Buttons Options」部分で、表示する項目や表示箇所をカスタマイズできます。

Ultimate_TinyMCE5

 

「Misc Options」タブでは、ビジュアルエディタのプレビューを見ることができます。

Ultimate_TinyMCE6

以上で設定は完了です。

ぜひ実際に導入して使ってみてください。

 

他のプラグインを使ってみたい場合は、W3 Total Cacheの使い方も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

記事が書きやすくなりました!!

田島悠介

カスタマイズ次第で記事を書くスピードも変わると思うよ!

大石ゆかり

はい、そうですね♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。