JavaScriptのPromise.rejectメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのPromise.rejectメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。非同期処理の結果を表すオブジェクトです。Promise.rejectメソッドは処理が失敗した場合に実行します。Promise.rejectメソッドの書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのPromise.rejectメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのPromise.rejectメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Promiseオブジェクトとは

Promiseオブジェクトとは、非同期処理の結果と結果の値を表すオブジェクトです。

非同期処理とは、JavaScriptがソースコードの上から順番に処理を行う(同期する)のに対して、順番を待たずに処理を行う(同期しない)ことです。APIなどで通信するような時間のかかる処理などに非同期処理を使うことで、処理を止めずにすすめることができます。

非同期で実行している処理が完了してから行いたい処理がある場合に、Promeseオブジェクトを使うことで簡潔に記述することができます。

例えば、通信してデータを取得するような処理がある場合、処理が終わるまでデータが無いことになります。この場合、データが取得できてから、データを使う処理を行う必要があります。

このような非同期で行う処理の戻り値をPromeseオブジェクトにすることで、処理結果と結果の値を管理でき、非同期処理と他の処理を連動させることができるのです。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

Promise.rejectとは

平たく言うとPromiseで管理している非同期処理が失敗した時に呼ぶメソッドです。rejectが失敗した時に呼ばれるのに対して、成功した場合はresolveというメソッドが呼ばれます。

Promise.rejectの使い方

rejectはPromiseオブジェクトのメソッドなので、Promise.reject()と記述することで使えます。引数は省略可能ですが、処理が失敗した理由を渡すことが多いです。

失敗の理由がわかれば、プログラムを書いた人は調査がスムーズにおこなうことができます。また操作しているユーザーにも、失敗の理由がわかれば対応しやすくなります。

実際に書いてみよう

非同期処理の戻り値がPromiseオプジェクトであることが多いです。PromiseオブジェクトのthenというメソッドでPromiseの後の処理(コールバック)がおこなわれます。

そのPromiseのrejectメソッドが呼ばれた場合の処理の記述方法は2つあります。

thenメソッドに2つ目の関数を渡す
catchメソッドに関数を渡す

まずはthenメソッドに2つ目の関数を渡す記述です。

Promise.reject("失敗した理由は○○です")
  .then(
  function(successData) {
  //成功したとき(resolveが呼ばれたときはこちらの処理が実行されます)
  console.log(successData);
}, function(error) {
  //失敗したとき(rejectが呼ばれたときはこちらの処理が実行されます)
  console.log(error); 
});

続いて、catchメソッドに関数を渡す記述です。

Promise.reject("失敗した理由は○○です")
  .then(
  function(successData) {
  //成功したとき(resolveが呼ばれたときはこちらの処理が実行されます。
  console.log(successData);
}).catch( function(error){
  //失敗したとき(rejectが呼ばれたときはこちらの処理が実行されます)
  console.log(error);
})

 

まとめ

Promeseを返す関数は、JavaScriptの標準の関数や配布されているモジュールにもたくさんあります。

thenとcatchで成功の時のresolve、失敗の時のrejectを分けるだけで、非同期処理の後の処理を制御できます。

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。