これだけは知っておきたい!Photoshopのレイヤー操作の基本

Photoshopの初心者が知っておきたい【レイヤー操作の基本】を解説した記事です。Photoshopでは、レイヤーを分けることによって背景・オブジェクト・文字など、それぞれ違う属性を設定することができるようになります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

ノマリカ

印刷会社で校閲とDTPオペレーションを5年、Web制作会社でデザイナーを8年、一般企業でWeb担当を1年経験した後、フリーランスのデザイナーとして独立。
伝わりやすくて明快なデザインを得意としている。

Photoshopの基本中の基本となる「レイヤー操作」について初心者向けに解説した記事です。

Photoshopのファイルはレイヤーという透明のフィルムが何枚も重なっている状態で管理されています。

背景・オブジェクト・文字などのレイヤーを分けることによって、それぞれ違う描画モードを設定したり、他のレイヤーの情報に影響を与えずに画像を編集できます。

(※今回の作業はすべてAdobe Photoshop CCのバージョンで行っています。)

目次

 

大石ゆかり

田島メンター!!今日はレイヤーについて教えてください。

田島悠介

Photoshop内の透明なフィルム、その1枚1枚をレイヤーというんだ。

各レイヤーにはそれぞれ「描画モード」というものを設定することができるようになっているよ。

大石ゆかり

「描画モード」ですか?

田島悠介

レイヤー内の要素を、画像全体の中でどのような合成方法で使用するかという機能なんだ。

試しにレイヤーを作成してモードを変更してみようか。

 

レイヤーの「描画モード」

レイヤーには様々な種類が存在します。

今回はいくつか基本的なものを紹介します。

ps_lay_1

 

田島悠介

レイヤーを新規作成すると「通常」の状態で作成されるよ。

また、レイヤーの描画モードはいつでも変更可能なんだ。

大石ゆかり

ずいぶんたくさん種類がありますね!

でも、これだけあると何を使っていいか分からなくなりませんか~?

田島悠介

各モードをクリックするとその場で画像に反映されるので、画面を見ながらどれを使ったらいいか考えることもできるからね。

よく使う描画モードについて見てみよう。

 

例として、背景のレイヤー0の上に、もみじの葉以外の部分が透明の状態になっているレイヤー1があるとします。

このレイヤー1にいくつかの代表的な描画モードを設定してみましょう。

描画モードは赤枠の部分をクリックすることで変更が可能です。

ps_lay_1_2

 

描画モード「通常」

初期設定されている描画モードが「通常」です。

上のレイヤーにあるものが優先して表示され、透過の部分は下のレイヤーが見えます。

ps_lay_2

 

描画モード「乗算」

下のレイヤーの色と上のレイヤーの色を掛け合わせ、色が暗くなる演算を行います。

どんな色でも黒と掛け合わせると演算結果は黒になります。

逆にどんな色でも白を掛け合わせると変化はありません。

ps_lay_3

 

描画モード「スクリーン」

下のレイヤーの色と上のレイヤーの色を掛け合わせ、色が明るくなる演算を行います。

描画モード「乗算」の時とは反対に、どんな色でも白と掛け合わせると演算結果は白になります。

逆にどんな色でも黒を掛け合わせると変化はありません。

ps_lay_4

 

 

レイヤーの「不透明度」

各レイヤーには不透明度を設定できます。

初期設定では100%になっており、数値を下げると下のレイヤーが透けて見えるようになります。

以下は、文字ともみじのレイヤーの透明度を50%に、描画モードを通常に設定しています。

ps_lay_5

 

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

背景レイヤー

背景レイヤーという、透明ピクセルの存在しない特殊なレイヤーがあります。

このレイヤーは最背面に固定されており、描画モードや不透明度を設定できません。

ps_lay_6

 

背景レイヤーは通常のレイヤーへ変更することが可能です。

背景レイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択します。

ps_lay_7

 

レイヤーから背景へ変更する場合は、背景に変更したいレイヤーを選択した状態で、上メニューの「レイヤー」→「新規」→「レイヤーから背景へ」を選択します。

ps_lay_8

すると、レイヤー内の透明部分が背景色で塗りつぶされ、最背面に固定されます。

用途に合わせて使い分けてください。

 

 

レイヤーの新規作成・複製・削除

最後にレイヤーの新規作成・複製・削除といった基本操作を紹介します。

レイヤーを新しく作成する場合は、このアイコンをクリックします。

ps_lay_9

 

レイヤーを削除する場合は、削除したいレイヤーを選択した状態でこのアイコンをクリックします。

(レイヤーを右クリック→「レイヤーを削除」でもOKです。)

ps_lay_10

 

また、レイヤーを右クリックして「レイヤーを複製」を選択すると、同じレイヤーを新たに作成できます。

この時、複製されるレイヤーは描画モードや不透明度も元のレイヤーと同じ状態で作成されます。

ps_lay_11

今回の記事は以上です。

 

田島悠介

レイヤーの複製や削除もよく使う機能だから覚えておこう。

大石ゆかり

ちなみにレイヤーを分けると、具体的にどんないいことがあるんですか?

田島悠介

例えば文字と画像、それぞれの不透明度を別にしたり、背景部分にだけフィルターを適用したりすることが可能になる。

しかも別レイヤーに分けておくことによって、好きなときに変えたい箇所だけを調整することができるよ。

大石ゆかり

画面内の要素によって、いろいろなレイヤーを使い分けるのが大事なんですね。

よく分かりました!

 

Photoshopを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • Photoshopを調べたけど分かりづらい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Photoshopの学習や情報収集をしていて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPhotoshop講座では、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーのチャットサポートを受けながら、初心者でもフォトレタッチをマスターできます。