JavaScriptで変数に格納されている値のサイズを求める方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで変数に格納されている値のサイズを求める方法について解説しています。ここではlengthを使用して配列や文字列の長さを取得する方法を解説します。基本の書き方を覚えましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptで変数に格納されている値のサイズを求める方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

変数に格納されている値のサイズを求める方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

変数に格納されている値のサイズを求める方法

値のサイズを求めるケースで多いのは、配列のデータ件数です。

特に配列のデータ件数分処理を行う場合などに利用するでしょう。

配列の数を求める場合には、「length」を使用します。

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に求めてみよう

var arr = [["日本","こんにちは","ありがとう"],["アメリカ","ハロー","センキュー"],["中国","ニーハオ","シェイシェイ"]

for (let i = 0; i < arr.length; i++) {

  for (let n = 0; n < arr[i].length; n++) {

    console.log(a1[i][n]);

  }

}

 

その他の変数に格納されている値の情報の取得方法

配列以外にも文字列の長さを求める方法はよく使用するものです。

この場合も「length」を利用します。

var arr = [["日本","こんにちは","ありがとう"],["アメリカ","ハロー","センキュー"],["中国","ニーハオ","シェイシェイ"]]

for (let i = 0; i < arr.length; i++) {

  for (let n = 0; n < arr[i].length; n++) {

    console.log(a1[i][n].length)

  }

}

 

まとめ

値のサイズを求めるには「length」を利用します。

自身で定義した配列や文字列などは使用しないものの、入力された値のサイズを求める場合などには活用できます。

 

執筆してくれたメンター

小宮山晃史(こみやまこうじ)

現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

JavaScriptで変数に格納されている値のサイズを求める方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。