JavaScriptの配列(array)要素をcountする方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの配列(array)要素をcountする方法について解説しています。配列内の要素の数を取得するにはlengthプロパティを使います。基本の書き方、実行結果の見方をサンプルコードで確認しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの配列(array)要素をcountする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

配列(array)要素をcountする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

配列(array)とは

配列とは複数の値をまとめて管理できる箱のようなものです。以下のようなものをいいます。

let fruit = [
'みかん',
'ぶどう',
'りんご',
'もも'
]

JavaScriptでは、様々な値を管理しながら処理を進めていきます。配列を使うことで関連する値をまとめて管理できるので便利です。

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

要素をcountする方法

処理を書いていく中で、配列の中に何個の要素があるかをcountしたいシーンがでてきます。そういう時、JavaScriptのlengthメソッドを使うとcountをすることができます。

使い方は以下です。

配列.length;

実行すると、要素のcountが返り値として返ってきます。

 

lengthを利用して配列データの要素を取得してみよう

以下の配列の中に何個の要素があるかをlengthを使ってcountした結果を取得してみましょう。

let fruit = [
'みかん',
'ぶどう',
'りんご',
'もも'
]

let fruitCount = fruit.length;
console.log(fruitCount);

実行結果

4

 

まとめ

配列の要素をcountしたい場合は

配列.length;

の形で実行をすると、配列の要素のcountを取得することができます。

 

監修してくれたメンター

土田隼平(つちだしゅんぺい)

フリーのWebエンジニアです。
最近までは求人サービスや画像共有システム、ECサービスの開発・運用をやってました。

趣味はラジオ(特にオールナイトニッポンとJUNK)を聞くことや近所の散歩です。
今の最重要ミッションは「運動不足解消」です。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。