JavaScriptにおけるDateオブジェクトとgettimeについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptにおけるDateオブジェクトとgettimeについて解説しています。gettimeは協定世界時 (UTC) の1970年1月1日からの経過ミリ秒の数値を取得するときに使用されます。現在時刻からミリ秒形式に変換する場合の書き方と処理について学習しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptにおけるDateオブジェクトとgettimeについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Dateオブジェクトとgettimeについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Dateとは

日時を表すオブジェクトです。日時を操作するメソッドを持っているので、日時を増やしたり減らしたりする場合や、日時から月だけや時刻だけのような特定の値を取得する場合などに活用できます。

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

gettimeの使い方

gettimeメソッドはDateオブジェクトが持つメソッドで、協定世界時 (UTC) の1970年1月1日からの経過ミリ秒の数値を返します。使い方は、Dateオブジェクトに.gettime()と記述するだけです。協定世界時からの数値なので、プログラムを実行した環境の時差に関係なく同じ結果が取得できます。

 

gettimeを利用して現在時刻からミリ秒形式に変換してみよう

まずは一番シンプルな記述でDateオブジェクトを生成します。下記のように記述することで、nowという変数にプログラムを実行した日時のDateオブジェクトが格納されます。

let now = new Date();

gettimeメソッドを使うには、Dateオブジェクトが格納されたnowに.gettime()と記述します。

let nowTime = now.getTime()

これでnowTimeという変数に、協定世界時(UTC)1970年1月1日 00:00:00から、Dateオブジェクトを生成した日時までの経過ミリ秒の数値が格納されました。

次はJavaScriptを実行している環境と時差をふまえてgetTimeメソッドの結果を確認してみます。Dateオブジェクトを1970年1月1日で生成し、getTimeメソッドを使います。

let date = new Date(1970, 0);
let dateTime = date.getTime();
console.log(dateTime);

上記のプログラムを日本語の環境で実行すると、-32400000とコンソールに表示されます。1970年1月1日 00:00:00を指定してDateオブジェクトを生成したのに、getTimeの結果が0にならないのは時差があるからです。

この結果を補足説明します。

まずnew Date()の引数に1970と0を指定しています。これは1970年と1月を指定したことになります。Dateオブジェクトの月は0から始まるので、1月は0、2月は1、3月は2、、、というように増えます。日や時は省略しているので、日は1、それ以降の時や分は0となります。

日本語環境で実行した場合のDateオブジェクトは、下記のようにUTCからの時差9時間を持つ日本標準時となっています。

Thu Jan 01 1970 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)

getTimeメソッドでUTCにするので、この時差9時間分のミリ秒が引かれます。9時間分のミリ秒は下記の式により、32400000となり、UTC時刻からのミリ秒であるgetTimeメソッドは-32400000となっています。

9時間 × 60分 × 60秒 × 1000

 

まとめ

DateオブジェクトとgetTimeメソッドの扱い方を紹介しました。getTimeメソッドを使うことで、環境に関わらず同じ結果が取得できます。

 

監修してくれたメンター

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。