JavaScriptによるHTMLの読み込み(onload)処理について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptによるHTMLの読み込み(onload)処理について現役エンジニアが解説しています。JavaScriptのonloadイベントで、HTMLページ全体が読み込まれてから処理を実行することができます。onloadイベントの書き方や使い方について説明します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptによるHTMLの読み込み(onload)処理について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptによるHTMLの読み込み(onload)処理について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

HTMLとは

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language(ハイパー テキスト マークアップ ランゲージ)」の略です。”マークアップ言語を使った凄い文章”のイメージです。

ポイントとなるのは「マークアップ」ですね。「マークアップ」とは、文章に対して要素を指定することです。指定する方法にタグと言うものを利用します。タグには沢山の種類があり、よく目にするのは<html>、<head>、<body>、<h1>、<title>等々かと思います。

このタグには、それぞれの特徴が事前に決められており、ブラウザー(IEやchrome、safari等)で見た時にルールにしたがって表示されます。この様に、HTMLでは様々なタグの組み合わせを使って、文章を装飾し、それをブラウザーで見ることで見やすいページを参照することが可能になっています。

また、もう少しお話しすると、それぞれのタグにはstyle(スタイル)を指定することが可能で、文字の色や大きさなどは勿論、表示の仕方や動きなども設定することが出来ます。これらのスタイルを纏めたのがCSSというファイルになります。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

onloadによる読み込み処理とは

HTMLの特徴の一つに、全部を読込まなくても見せれる分から見せていく。と言うものがあります。

昔、ネット回線が細くデータのやり取りに時間がかかった為、少しでも早く表示させることが優先された為です。

通常の文章だけを扱うときには問題ないのですが、JavaScriptの様に文章全体を操作したりする時には、問題が発生します。JavaScriptで指定する部分がまだ読み込まれていない場合、当然ながらプログラムがエラーになってしまいます。

そこで、全ての文章が読み込まれてから処理を動かす必要が出てきました。それを実現するのが、onloadです。window.onloadのイベントハンドラでページ全体が読込まれた事を受けての処理を実行することが可能です。
 

onloadを利用してHTMLの読み込み処理を作成してみよう

比較の為、Onloadを利用しない場合も記載しています。前者はエラーに後者は正常になるので、比較してみてください。

【エラー】

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <script>
      var memo = document.getElementById('memo');   
      memo.textContent = 'こんにちは!';
    </script>
  </head>
  <body>
    <p id="memo"></p>
  </body>
</html>

【正常】

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <script>
      window.onload = function() {
        var memo = document.getElementById('memo');   
        memo.textContent = "こんにちは!";
      }
    </script>
  </head>
  <body> 
    <p id="memo"></p>
  </body>
</html>

 

まとめ

onloadは初期化処理(色々な値などの初期設定値を設定する)を行うときによく使われます。

また、ページ全体が読込まれたことを前提とするので、余計な不具合を抑制することもできますので、覚えておきましょう。
 

筆者プロフィール

小宮山晃史(こみやまこうじ)

現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。