WordPressでスライドショーを表示できるプラグイン5選

写真やイラストの公開、画像を使用した説明などを行う際にはスライドショーを使用するのが便利です。WordPressでは、アップロードした画像やYouTubeのURLを使用して簡単にスライドを作成することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

写真やイラストの公開、画像を使用した説明などを行う際にはスライドショーを使用するのが便利です。

WordPressでは、アップロードした画像やYouTubeのURLを使用して簡単にスライドを作成することができます。

ここではスライドショーを作ることのできるプラグインを紹介していきます。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

Meta Slider

sli_pl_1

操作も簡単で、日本語に対応しているため初心者でも使いやすいプラグインです。

設定画面でスライドを作成し、そこで生成したショートコードを記事に貼り付けることでスライドショーを記事内に挿

入します。

表示される大きさもピクセル単位で指定でき、スライドの種類も複数から選ぶことが可能です。

また、作成しながらその場でプレビューすることもできます。

Meta Sliderの使い方

 

Slider WD

sli_pl_2

英語版ですが、操作はシンプルなので問題なく使用することができるはずです。

Slider WDプラグイン管理メニューの「Sliders」→「Add new」をクリックし、スライドのタイトルを設定して「Add images」からWordPressにアップロードされている画像ファイルを複数選択することでスライドを作成します。

動画を挿入したり、SNSの共有ボタンを付けることができる有料版にアップグレードすることも可能です。

Slider WD

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

Image Slider

sli_pl_3

オートスライド(秒数も指定可能)・ナビゲーションボタンの表示形式・タイトルの表示など細かい設定が可能なプラグインです。

作成したものはプラグイン設定画面内のスライド一覧にショートコードが表示されます。

フリー版は有料版と比べるとリストからのプレビューなどの機能が多少制限されていますが、無料版でも充分多機能な本格スライドショーを作成することができます。

Image Sliderの使い方

 

Smart Slider 3

sli_pl_4

スライド作成時のインターフェイスが分かりやすく、視覚的・直感的に操作ができるプラグインです。

表示形式も豊富でカスタマイズ性に富んでいます。

あまり自分で細かく設定したくない場合は、公式で公開されているフリーのサンプルを土台として使い、メディアの中身だけ変更すれば簡単に高クオリティのスライドショーを作ることができます。

 

また、無料版でも動画の挿入に対応しており、YouTubeのURLを入力するだけでスライドに追加することが可能です。

動画のスライドショーにしたい場合は、特に便利でしょう。

Smart Slider 3

 

Slideshow

sli_pl_5r

日本語で操作可能・動画対応(YouTube)のスライドショー作成プラグインです。

Slideshowをインストールすると、作成したスライドを記事内に入れる際にショートコードを挿入するメニューがWordPressのビジュアルエディタに自動で追加されるので便利です。

ナビゲーションボタンの表示方法や自動スライドの設定なども細かく設定できます。

Slideshowの使い方

 

いかがだったでしょうか。

スライドショーであれば、スペースを取らず多くの写真や動画を載せることができます。

WordPressのプラグインであれば、一切コーディングせず動画も埋め込めるので、ぜひご活用ください。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。