PS Disable Auto Formattingの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。今回は、HTMLタグの自動除去を停止できるプラグイン、PS Disable Auto Formattingの使い方を紹介します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressでビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えると表示がくずれてしまうことがあるんですけど、何かいい方法ないですか?

田島悠介

「PS Disable Auto Formatting」っていうのを入れると、そこらへんを補完してくれるよ。

大石ゆかり

教えてください!!!

 

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、HTMLタグの自動除去を停止できるプラグイン、PS Disable Auto Formattingの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

PS Disable Auto Formattingとは

このプラグインでは、HTMLタグの自動除去を停止することが可能です。

具体的に説明しますと、ビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えた際に、pタグなどが自動整形されなくなります。

投稿の際にビジュアルエディタとテキストエディタを切り替えながら作業する人には便利なプラグインでしょう。

 

PS Disable Auto Formattingの使い方

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

有効化すると、管理画面左メニューの設定から自動整形というタブが追加されているはずです。

PS Disable Auto Formattingの管理画面では、「自動整形の対象と指定」と「過去記事の一括整形処理」を行うことができます。

スクリーンショット 2016-02-22 15.27.33

一番上の「記事内容の自動整形」というチェックボックスにチェックを入れると、勝手に入っていたpタグやbrタグが消えてくれます。

画像など何か挿入すると、気づかないうちに改行されていたなんてことが起きたりします。

その度に自分の手で編集するのは面倒なので、これを機会に自動でタグが入らないように設定しておきましょう。

効率的な作業ができるはずです。

 

今回の記事は以上となります。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

 

大石ゆかり

すごい!!崩れなくなりました!!!

田島悠介

テキストエディタとビジュアルエディタを切り替える必要がある場合は入れておいたほうが作業が楽になるね。

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。