バックアップを取ろう!BackWPupの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのプラグイン「BackWPup」の使い方を解説しています。BackWPupプラグインを使うと、FTPサーバにアップロードされているWordPressのファイルやデータベースをバックアップすることができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressのバックアップを取るのに便利なプラグイン、BackWPupの使い方を解説します。

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのバックアップってどうやってとるんですか!?

田島悠介

バックアップはいくつか方法があるんだけど、プラグインを使うのが一番簡単だね。教えてあげるね。

大石ゆかり

お願いします!!!

 

BackWPupとは

WordPressのBackWPupプラグインを使うと、FTPサーバにアップロードされているWordPressのファイルやデータベースをバックアップすることができます。

ブログなどで書いたデータが急に消えたとしてもバックアップしておけば焦ることなく復旧することができるはずです。

 

BackWPupの使い方

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

有効化したら、WordPress管理画面の左メニュー「BackWPup」から「Add new job」を選択します。

bwp_p_1

「General」タブではファイルを保存する場所や圧縮方法などを設定します。

「Job Name」欄でこのジョブに分かりやすい名前を付けます。(ここでは「bwp」としています)
「Job Tasks」でバックアップを行う対象を選択します。

bwp_p_2

「Archve Format」で圧縮形式を選択します。ここでは「Zip」としています。
「Job Destination」でバックアップのファイルをどこへ保存するか決めることができます。今回はフォルダへの保存を選択しています。
(※それぞれの設定を変更した場合は、必ず一番下の「save changes」をクリックして保存します)

bwp_p_3

「Schedule」タブではバックアップの作業をいつ行うかを設定します。

「manually only」を選択すると手動のみの動作になります。
「with WordPress cron」を選択すると日ごと、週ごとなど定期的にバックアップ処理を行うように設定することができます。

bwp_p_4

「DB Backup」タブにはバックアップを行うデータベースのテーブル一覧が表示されます。

bwp_p_5

「Files」タブでは保存されるフォルダの一覧が表示されます。またこの時「Exclude:」の欄でチェックの入っているものは除外されます。

bwp_p_6

保存先をフォルダに設定した場合「To:Folder」のタブが新しく追加されます。
「Folder to store backups in」の欄に書かれているのがファイルが保存される場所になります。

bwp_p_7

作成したジョブを実行します。「BackWPup」から「Jobs」を選択します。

bwp_p_8

作成したジョブの一覧が表示されます。
作業を行うジョブ名にマウスポインタを合わせるとメニューが表示されるので、「Run now」をクリックします。

bwp_p_9

バックアップが開始します。

bwp_p_10

ジョブが完了したら「Close」をクリックして終了します。
これでバックアップの作業は完了です。

bwp_p_11

保存先のwp-content/uploads/backwpup-041e8d-backups/をFTPクライアントで確認します。
バックアップファイルが新しく作成されています。

bwp_p_12

ダウンロードして解凍すると、各種ファイルが保存されているのが分かります。

bwp_p_13

一度作成したジョブは、ログインしている時に表示されるWordPress管理バーからいつでも行うことができます。

bwp_p_14

このように管理バーに設置できたら完了です。

 

以上で、BackWPupの使い方に関する解説は終わりです。

バックアップは日頃から常に必要になるものではありませんが、いざという時困らないために役に立ちます。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

 

大石ゆかり

バックアップのとり方ってもっと難しいかと思っていましたけど、そんなに難しくはないですね。

田島悠介

そうだね。何かあったときのために、定期的にとっておくことをおすすめするよ。

大石ゆかり

はい、わかりました!!!

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。