qTranslate Xの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのプラグインqTranslate-Xを使用すると、サイトで使用する言語の切り替えができます。今回はプラグインの導入から設定の仕方まで解説しています。多言語サイトを作りたい人はぜひ利用してみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインqTranslate-Xを使用すると、サイトで使用する言語の切り替え機能を追加することができます。メインの言語や翻訳で使用する言語も自由に設定が可能です。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressで多言語対応のサイトを作りたいって要望があるんですけど、いい方法はありますか?やはり複数のWordPressのサイトを構築しないといけないですか?

田島悠介

ううん、そんなことはないよ。プラグインでできるよ。「qTranslate-X」なんてどうかな?

大石ゆかり

それ、使ってみたいです!!!

 

プラグインの設定

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

次に「設定」から「言語」を選択します。

qtx_p_1

qTranslate-Xの設定画面が表示されます。

デフォルトで使用する言語にチェックを入れます。ここでは「日本語」としています。
サブで使用したい言語を「編集」から設定し、上下の矢印をクリックして優先順位を決定します。

qtx_p_2

 

言語切り替えのメニューを設置する

次に、言語を切り替えるスイッチをサイト内に追加します。
メニューの「外観」から「ウィジェット」を選択します。

qtx_p_3

左の「利用できるウィジェット」から「qTranslate言語選択機能」を使用する箇所にドラッグ&ドロップして追加します。
ここではサイドバーの一番上に移動させています。

qtx_p_4

右の▼をクリックすると表示形式などを指定することができます。
設定が完了したら右下の「保存」をクリックします。

qtx_p_5

qtx_p_6

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

投稿メニューから各言語の記事を作成する

翻訳用の記事を作成します。
管理画面の左メニュー「投稿」「新規追加」を選択します。

qtx_p_7

エディタには設定した言語のタブが追加されています。

qtx_p_8

各タブを選択し、両方の言語で記事を入力します。

qtx_p_9

qtx_p_10

実際にサイト上でどのように表示されるかを確認します。
今回はプラグインの設定で「日本語」をデフォルトにしているため、最初の状態では日本語表示されています。

qtx_p_11

サイドバーの切り替えメニューから「English」をクリックします。

qtx_p_12

サイトが英語表記に変更され、記事の内容も投稿時に「English」タブで入力したものになりました。
表記はサイドバーから該当の言語を選択することでいつでも切り替えることができます。

qtx_p_13

 

以上、qTranslate Xの使い方について解説しました。

今や多言語に対応したサイトはどんどん増えています。旅行やスポーツ、アニメなど外国人も興味のある分野のサイトに関してはこのプラグインを活用すると良いでしょう。

 

大石ゆかり

サクッと多言語対応できましたね〜♪

田島悠介

そうだね。WordPressを使うと、記事さえ用意してしまえば複数の言語対応のサイトがすぐにできていいね!

大石ゆかり

そうですね〜♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。