【プロトタイプを作る!】初心者でもすぐに分かるProttの使い方

プロトタイピングツールとして有名な「Prott」の使い方を紹介!Prottは作業画面からサポートまで全て日本語対応のプロトタイプ作成ツールです。作成したプロトタイプはiPhoneですぐに確認することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

プロトタイピングツールとして有名な「Prott」の使い方について解説しています。

Prottは作業画面からサポートまで全て日本語対応のプロトタイプ作成ツールです。使用には専用のアカウントが必要ですが、メールアドレスとパスワードだけですぐに無料で始めることができます。

Prottを使い始める登録のところから実際にプロトタイプを作る詳細部分も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なおProttは、TechAcademyのオンラインブートキャンプ UI/UXデザインコースでも使用しています。

 

新規アカウントを取得する

まず、下記のリンクにアクセスします。

https://prottapp.com/ja/

「無料ではじめる」をクリックします。

prott_p_1

ユーザーネームとメールアドレス・パスワードを設定します。

prott_p_2

各項目を入力し「サインアップ」をクリックすると「【Prott】アカウントを承認してください!」というタイトルのメールが設定したアドレスに届くので、「メールを確認する」をクリックすれば完了です。

prott_p_3

最初の30日間は有料の機能を全て使用することができます。
無料プランは1つのプロジェクトのみが編集可能ですが、スクリーンの数には制限がありません。

prott_p_4

 

プロジェクトの作成

まず、新規にプロジェクトを作成します。
管理画面から「新規プロジェクト」をクリックします。

prott_p_5

プロジェクト名を入力し、対応の形式を選択します。今回はWebとしています。

prott_p_6

 

[PR] スマホアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

スクリーン画像のアップロード

プロトタイプに使用するスクリーンをアップロードします。

対応の形式はJPEG・GIF・PNGの画像ファイルとなります。
画像はPCからのアップロードの他に、Dropboxから使用することもできます。

prott_p_7

スクリーンをアップロードしたら、編集を行う画像をクリックします。

prott_p_8

 

スクリーンからスクリーンへのリンクを作成する

スクリーン内をドラッグすることでリンクを貼る範囲を選択することができます。

prott_p_9

範囲を作成すると他画像へ紐付けするための黄色い曲線が現れるので、左のスクリーン一覧からリンク先として設定したい画像へ繋げます。

prott_p_10

また、この時「トランジション設定」からリンクを行う際のアニメーションを選択することができます。

prott_p_11

リンク箇所は後からでも範囲を拡大・縮小・移動することが可能です。

prott_p_12

prott_p_13

上メニューの「プレビュー」をクリックすると実際にどう動くか確認することができます。

prott_p_14

 

シェア機能・サポートの使い方

「シェア」「共有設定をオンにする」をチェックすることで、グループのメンバー以外にも作成したプロジェクトを公開することが可能です。

prott_p_15

サポートへの問い合わせフォームは、左下のこのマークをクリックすることで表示されます。

prott_p_16

prott_p_17

 

以上、Prottの使い方を解説してきました。

WebのUI、アプリのUIをProttで作ってみてください。1プロジェクトであれば誰でも無料で利用できるプロトタイピングツールなので、気軽に使えますね。

[お知らせ]TechAcademyではProttを使って実践的にUI/UXデザインを学ぶオンラインブートキャンプ UI/UXデザインコースを開催しています。現役UI/UXデザイナーのサポートで学びたい場合はご参加ください。