誰でも今すぐできる!ペルソナ設定の方法とは【初心者向け】

Webサイト制作において欠かせないペルソナ設定の方法について初心者向けに解説しています。実際にペルソナ設定しながら紹介しているので、誰でも理解できるでしょう。マーケティングやディレクションをする上でペルソナ設定は役立つはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

ペルソナとは、Web制作で使われる施策のことです。Web制作など開発現場でも使われる言葉なので、ディレクターはもちろんのことWebに関わる方であれば知っておいた方がいいでしょう。

ペルソナの基礎知識や使い方について解説していきます。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebディレクションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

ペルソナとは

ペルソナとは、マーケティングの対象としている理想の顧客像のことです。実際に得られたデータをもとに作られるので、ペルソナは非常に具体的。正しくペルソナを設定することで、的確にマーケティングが行えるようになるのです。

 

ペルソナ設定の目的

ペルソナを設定することには、主に2つの目的があります。順にご説明しましょう。

 

成功確率を上げる

ペルソナがあることで、より的確なマーケティングができるようになります。実施すべき施策の内容や提供すべきコンテンツも明確になりますし、何より顧客視点でマーケティングを行っていくことができるようになります。

 

共通認識を持つ

Web制作や製品開発は、複数人で行うことが一般的です。

そのため、チーム内で共通認識を持つ必要があります。その時に一役も二役も買ってくれるのが、ペルソナです。

上述したようにペルソナは具体的なので、顧客像も共通認識として持つことができるようになります。

 

[PR] 最短4週間でWebディレクターを目指せる方法を動画で公開中

実際にペルソナ設定してみる

それでは実際に、ペルソナ設定をするときの方法について見ていきましょう。

 

データを集める

ペルソナを設定する時にまず行わなければいけないのが、データを集めることです。市場分析やアクセス解析、ヒアリング、アンケートなどの方法で、顧客に関するデータを集めていくのです。

 

基本情報を書き出す

データが集められたら、そこからペルソナを作るときの基本情報となる内容をリストアップしていきます。

年齢や性別、職業、日々の生活、興味関心、悩み、人生の目標など。可能であれば、ペルソナの写真やイラストも用意しておくといいでしょう。

 

文章として組み立てる

最後に、リストアップした情報を文章として組み立てていきます。具体的で、その人がイメージしやすくなるようにしましょう。ストーリーにしたり、エピソードを盛り込むことをおすすめします。
さて、これまでのポイントを盛り込んだ例をご紹介しておきましょう。「ビジネス特化型ニュースアプリのペルソナ」を対象とした、簡易的なペルソナです。

 

名前 佐藤慎太郎
年齢 28歳
性別 男性
居住地 東京都豊島区の一人暮らし
仕事 広告代理店勤務
その他情報 仕事柄勤務時間も長いが、仕事にはそれなりにやりがいを感じている。キャリアアップのための転職も頭にはあるのだが、忙しい毎日のために実際に行動には移せていない。仕事の合間や通勤時間に、手ごろにビジネス関連の情報が仕入れたいと思っている。趣味はサッカーで、少ない休日は友人と試合を観戦しに行くなどアクティブに過ごしている。スマホやドローンなど、最新のガジェットニュースにも目がない。

 

あとがき

ペルソナの基本と設定方法について解説しました。

ペルソナ設計は基本とも言えますし、さまざまな施策と組み合わせて使われることも多いです。基本的な知識については身につけておくとよいでしょう。

[お知らせ]TechAcademyでは最短4週間でWebディレクションができるようになるWebディレクションオンラインブートキャンプを開催しています。Webサイトの企画や設計ができるようになりたい場合はぜひご参加ください。